野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB松田、オリ金子から決勝弾 左中間への一発で“復調”を実感したワケ

9日のオリックス戦、試合を決めたのはソフトバンク・松田宣浩の一発だった。相手エース金子千尋から5回に左中間のホームランテラスに勝ち越しの4号ソロ。ヤフオクドームのファンを巻き込んで「100点満点の“熱男コール”ができた」とお立ち台で笑顔を見せた。

試合を決める4号ソロ、ベンチ前で「100点満点の“熱男コール”」

 9日のオリックス戦、試合を決めたのはソフトバンク・松田宣浩の一発だった。相手エース金子千尋から5回に左中間のホームランテラスに勝ち越しの4号ソロ。ヤフオクドームのファンを巻き込んで「100点満点の“熱男コール”ができた」とお立ち台で笑顔を見せた。

 お立ち台を終えて選手サロンに戻ってくるなり、松田は一気にまくし立てた。

「(金子千尋は)やっぱりいいピッチャー。今日も8回投げ切ったしね。そういうピッチャーから勝てたのは大きいし、自信になる。一番球種のあるピッチャーだから、追い込まれたら打てる確率は低くなる。(本塁打は)とにかく素直にバットを出そうと思っていた」

 左中間への打球をしっかりと確認しながら走ったという松田は「左中間が一番素直にバットが出る」という。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中