野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2回以降“別人”に ロッテドラ1佐々木が2勝目 何が右腕を変えたのか―

ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木千隼投手が、今季2勝目を挙げた。初回に3点を失う立ち上がりだったが、2回以降は変わり身を見せて立ち直った。

20170304_sasaki

プロ6登板目にして初の無四球&2勝目マーク

 ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木千隼投手が、今季2勝目を挙げた。初回に3点を失う立ち上がりだったが、2回以降は変わり身を見せて立ち直った。初登板初勝利を挙げた4月6日の日本ハム戦(ZOZOマリン)以来の白星を挙げ「今日は勝たせてもらった試合。野手の方に感謝です」と大量得点を挙げた野手陣に感謝していた。

 波乱の立ち上がりだった。「バタバタしてしまった」という初回。先頭の川崎に右前安打を許すと、犠打で1死二塁。柳田に中前適時打を浴びて、あっさりと先制点を与えると、内川には左翼席へと運ばれる2ランを被弾した。

 いきなり3点のビハインドを背負う展開となり「勢いをつけないといけないのに、ああいうことをやってしまって申し訳なかった」と試合後は真っ先に反省が口をついた。

 ところが、だ。2回以降は別人のようになった。2回に上林に二塁打を許したものの、3、4、5回は3者凡退。6回は2死から連打で一、二塁とされたが、中村晃を遊飛に打ち取り、ピンチを脱した。終わってみれば、6回6安打3失点。6度目の先発にして初の無四球だった。

人気記事ランキング