野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

通算250号に到達 ロッテ井口の携帯電話に届いた王貞治氏のメッセージ

打った瞬間だった。打球は様々な想いを乗せてレフトスタンドに突き刺さった。ロッテの井口資仁内野手はゆっくりと味わうようにダイヤモンドを一周した。三塁を踏み終え、ホームに向かう時、うっすら笑みもこぼれた。

20170529_iguchi2

日米通算300号へも「6」、井口を大打者に成長させた王氏の数々の助言

 打った瞬間だった。打球は様々な想いを乗せてレフトスタンドに突き刺さった。ロッテの井口資仁内野手はゆっくりと味わうようにダイヤモンドを一周した。三塁を踏み終え、ホームに向かう時、うっすら笑みもこぼれた。

 5月25日。古巣ホークス相手に、かつての本拠地で通算250号のメモリアルアーチは生まれた。7-3と4点リードの5回1死一塁。1ストライクからの2球目。速球で押している投手の傾向から的を絞っていた。内角高めに入ってきた144キロのストレートをフルスイングした。背番号「6」にふさわしい高い弾道で、打球は遠くに飛んでいった。

「福岡でメモリアル。これもなにかの縁かな。8年間、プレーをさせてもらって思い出のたくさん詰まっているこの球場で打ててよかった。プロ1号もここだった。あの時は、ここまで打てる日が来るとは全然、思えなかった。プロでやっていけるのかなあ、レギュラーを獲れるのかなあといつも不安な時だった。いろいろな事があって今がある。でも、長いようで、あっという間かな」

 プロ初本塁打は22歳の時。1997年5月3日。デビュー戦で満塁本塁打と衝撃のデビューをした。あれから月日は流れた。42歳と5か月。あの日の若者は同じ球場で節目の一発を同じくレフトスタンドの同じような場所に放ってみせた。積み重ねた数は250本。当時の自分には想像も出来ないほど尊い数字にまで到達した。

 球場にはホークス・王貞治会長の姿もあった。ホークスでのルーキー時代は監督と選手。注目の大型新人選手として入団しながらもプロの壁にぶつかり、苦悩し、もがいていた時、誰よりも期待をかけ、指導をし続けてくれた指揮官の前で打てたことが嬉しかった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中