野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍Jスコアラーが語る“衝撃” 米国人投手と日本人打者の「力の差」

侍ジャパンが惜しくも準決勝で敗退し、2大会ぶりの優勝を逃した第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。東京ドームで行われた1次ラウンド初戦、キューバ戦の試合開始前、代表チームでスコアラーを務めた志田宗大氏は、緊張で足が震えていたという。

20170531_shida

WBCで侍ジャパンを支えたスコアラー志田宗大氏、痛感した米国との差

 侍ジャパンが惜しくも準決勝で敗退し、2大会ぶりの優勝を逃した第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。東京ドームで行われた1次ラウンド初戦、キューバ戦の試合開始前、代表チームでスコアラーを務めた志田宗大氏は、緊張で足が震えていたという。

 大会前の昨年11月から今年1月にかけて、1次ラウンド対戦国の映像を徹底的に分析。2月には沖縄でキューバ、オーストラリア、韓国、台湾代表チームを視察した。日本代表では練習にも参加し、キャッチボールの相手になったり、ノックを受けたりもした。選手とコミュニケーションを図るのが目的だったが、自身が球場の雰囲気に慣れておくためでもあった。準備は万端だったが、それでも大舞台では緊張を隠せなかったそうだ。

 青学大から外野手として2001年のドラフト8位でヤクルトの指名を受けた。9年間のプロ生活で320試合に出場し2010年に引退。引退後はスコアラーとして球団に残った。

 現役時代はデータに特に興味があったわけではないという。スコアラーは「出張が多くて、夜が遅い」。そんなイメージしかなかったそうだ。

「球団からスコアラーの話をいただいた時は『そうなんだ』という感じでしたね。引退後の仕事は全く考えていませんでした。野球マイナス自分はゼロ。まるっきりゼロの人間でしたから、不安しかありませんでした。だからこそ、いただいた仕事は何でも全力でやろうと思っていました」

 現役時代、チームにはヤクルトの黄金時代を築いた選手たちがいた。チームメートから学んだことを活かし、スコアラーの中でも『あいつなら』と言われるようになりたいと思ったという。

人気記事ランキング