野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

駒田監督が振り返るMLB555発ラミレスの凄さ「強く打つ打ち方知っている」

独立リーグの「四国アイランドリーグplus」2017年前期シーズンで、高知ファイティングドッグスは4月は首位を走っていたものの、後半に失速。17勝13敗4引き分けの勝率.567で、優勝した徳島インディゴソックスから4ゲーム差の2位に終わった。

2017031_komada

今後の去就が注目されるラミレス、高知・駒田監督は感謝「非常に光栄なこと」

 独立リーグの「四国アイランドリーグplus」2017年前期シーズンで、高知ファイティングドッグスは4月は首位を走っていたものの、後半に失速。17勝13敗4引き分けの勝率.567で、優勝した徳島インディゴソックスから4ゲーム差の2位に終わった。

 今季はMLB通算555本塁打を誇るマニー・ラミレス外野手が加入。日本だけでなく、米国でも大きな話題となった。メジャー史に名を残す大打者は、打率.460(63打数29安打)、3本塁打、20打点と実力を存分に発揮。再び日本に戻ってくるのか、その去就に大きな注目が集まっている。

 ラミレスは高知に何をもたらしたのか。チームを率いた駒田徳広監督に前半戦を総括してもらった。

――一時は優勝かと思える快進撃でしたが?

「惜しかったですね。出足は良かったんですが、日本人選手たちは、もっともっと頑張ってほしかった。外国人選手は頑張ってくれたけど、その差で負けたかなと思っています。投手陣は、先発は丸山雄大、岡部峻太あたりが、頑張ってくれましたが、肝心なところで点が取れなかったので余計なプレッシャーを与えちゃったかなと思います。マニーはフル出場じゃなかったけど、よくやったし、アンダーソンとザックはほぼフルで頑張ってくれた、彼らが若干落ちてきたときに、それをバックアップできる日本人選手がいなかったということですね」

――監督就任2年目での手応えは?

「前期は、優勝経験のないプレイヤーたちがプレッシャーを押し返すことができなかったかな、というところですね。今年は、いい外国人が来ているし、ピッチャーも揃っているので、後期もチャンスがあると思っています。気持ちさえしっかりしていれば、後期も前期の前半のような戦い方ができるのではないでしょうか」

人気記事ランキング