野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹ドラ2左腕にさらなる進化の跡 G打者斬った投球で得た「感覚」と「自信」

6月23日。ソフトバンクのファーム本拠地「HAWKS ベースボールパーク筑後」の第二球場は、多数の報道陣が詰めかけていた。3軍が行なった西部ガスとの交流試合。報道用に用意された一室は、ギッシリと人で埋められ、その部屋には収まりきらないほど人が溢れた。

20170624_furuya

鷹ドラ1田中の復帰で注目浴びた一戦、ドラ2古谷が好投「リリースの感覚分かった」

 6月23日。ソフトバンクのファーム本拠地「HAWKS ベースボールパーク筑後」の第二球場は、多数の報道陣が詰めかけていた。3軍が行なった西部ガスとの交流試合。報道用に用意された一室は、ギッシリと人で埋められ、その部屋には収まりきらないほど人が溢れた。

 そのお目当は、右肩違和感のリハビリから実戦復帰を遂げたドラフト1位ルーキー・田中正義投手に他ならない。2番手で5回に登板したドラ1右腕は、1イニングをパーフェクトに抑える好投で、上々の実戦復帰を果たした。

 その右腕が登板する少し前。この日の先発マウンドに上がったのは、田中の同期入団であるドラフト2位ルーキーの古谷優人投手。既に3軍戦には何度も登板し、2軍デビューも飾った左腕は、ドラ1右腕に負けず劣らずの投球を披露した。

 立ち上がり、2者連続で空振り三振を奪うと、4回までキッチリゼロを並べた。4イニングを投げて、許した安打はわずかに2本(そのうち1本はバットを折りながらの内野安打)。2つの四球を出したものの、5つの三振を奪う貫禄の投球内容だった。

人気記事ランキング