野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「首の皮一枚ですよ」―苦しみを経て再び1軍に、ソフトB内野手が求める結果

苦しみを経て、1軍の舞台へと戻ってきた。ソフトバンクの高田知季内野手。左肩脱臼、そして左肩手術のリハビリを乗り越え、今、再び二塁手の定位置争いに名乗りを上げている。

20170627_takata

2年ぶりの猛打賞&2打点…昨年9月には手術で「あんなに長く野球しなかったのは初めて」

 苦しみを経て、1軍の舞台へと戻ってきた。ソフトバンクの高田知季内野手。左肩脱臼、そして左肩手術のリハビリを乗り越え、今、再び二塁手の定位置争いに名乗りを上げている。

 その姿が一際、目立ったのは、25日の西武戦(ヤフオクD)だ。2試合連続で先発起用され「9番・一塁」でスタメンに名を連ねた高田。3回の第1打席でウルフから左前安打を放つと、2点差で迎えた7回1死三塁では牧田から、1点差とする右前適時打。再び2点差となった8回2死一、三塁ではシュリッターから再び1点差に詰め寄る右前適時打を放った。

 2年ぶりの猛打賞となる3安打2打点。チームは9回2死一塁から福田の逆転2ランで劇的なサヨナラ勝ちを掴んだが、呼び込んだ1人がこの背番号0だった。

 昨季は開幕1軍を掴み、序盤からスタメンで起用される試合もあった。工藤公康監督はじめ首脳陣の期待は高かったが、打率.175と結果がなかなか出ず、7月6日に登録を抹消された。ファーム降格後には2軍戦で左肩を脱臼。脱臼は癖になりやすく、再発を防止するために、9月末には手術を受けた。復帰までは約6か月と診断された。

 術後は左腕を三角巾で吊るし、自由には動かせない。当然、トレーニングもほとんど出来ず、固定が取れた後も、可動域を徐々に取り戻すための地道なリハビリが続いた。「あんなに長く野球をしなかったのは、人生で初めてだったので、悔しさもあるけど、どう過ごしていいのか分からない」日々だった。

 悶々とする毎日だったが、「自分に足りないものだったり、そういうものを感じる、こうしたらいいんじゃないかと思ったことをやってみる時間にもなった」という。「明確な答えが出たわけじゃなかったですけど…」とは言うものの、自分と見つめ合う時間が貴重だった。

人気記事ランキング