野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ダルビッシュは30億円投手か?」 FAなら大争奪戦、米専門家の見解は…

前半戦を19試合登板で6勝8敗と黒星先行で折り返したレンジャーズのダルビッシュ有投手。打線の援護にも恵まれず、4連敗中となっているが、防御率3.49はまずまずの数字。すでに118回2/3を投げており、サイ・ヤング賞投票で2位に入った2013年以来となるシーズン200回到達も濃厚だ。

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

2度目のシーズン200イニング到達は濃厚「彼がエースの投球ができることは確か」

 前半戦を19試合登板で6勝8敗と黒星先行で折り返したレンジャーズのダルビッシュ有投手。打線の援護にも恵まれず、4連敗中となっているが、防御率3.49はまずまずの数字。すでに118回2/3を投げており、サイ・ヤング賞投票で2位に入った2013年以来となるシーズン200回到達も濃厚だ。

 今季限りで6年契約が満了となり、シーズン終了後にはフリーエージェント(FA)となる右腕。複数の米メディアは、ダルビッシュが今オフのFA市場最大の目玉になると評価している。新たな契約の規模にも注目が集まるところだが、スーパースター級の選手が手にする年平均3000万ドル(約34億3000万円)に達することはあるのか。米専門家がその見解を明かしている。

 地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」は、アナリストのティム・カージャン氏がESPNラジオで語った内容について紹介。同氏は「ユウ・ダルビッシュは年3000万ドル投手か?」との問いに、こう明かしている。

「私が答えを持ってるとは思わない。彼がエースの投球ができることは確かだ。彼の持つ多くの目に見えるもの――年齢や体格といった全て――が、彼が長きにわたって偉大な投手になることを示唆している」

 明確な答えは示さなかったものの、メジャーでのエース級の実力があることは「確か」だと評価。さらに「彼が100%じゃないときでも彼は最高か?」と自ら問いかけた上で「これら全てをひっくるめて、彼は年3000万ドル投手ではないかもしれないけど、それでもとても良い投手だ」とも話したという。調子が良ければメジャー屈指の実力者だが、そうではないときに課題があると見ているようだ。

人気記事ランキング