野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「何だ、今の?」 ホークス千賀の代名詞「お化けフォーク」誕生の秘密

球宴がやってくる。プロ野球は12日に前半戦が終了し、14日にナゴヤドーム、15日にZOZOマリンスタジアムで「マイナビオールスターゲーム2017」が開催される。セ・パ両リーグの人気選手が一堂に会して戦う“お祭り”を楽しみにしているファンも多いだろう。

突然「劇的に」落ちたフォーク、同じ握り「あまりいないかも」

「中継ぎになるならば、真っすぐ以外にもう1個、信頼出来るボールが欲しいな、と。その中で、全然使えないフォークをどうにかしたいと思ったんです。12年と13年の間のオフに(中日の)吉見さんと自主トレしたときに、練習の仕方とかを教わりました。そこから、それを意識して練習していったら、ふと落ちるようになったんです。劇的に、です。投げていて、いきなりファッと落ちるようになった。『何だ、今の?』ってなりました」

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 突然、見たこともない落差で落ちたフォーク。その感覚を忘れないように、意識しながら練習を積み重ねていった。「(変えていたのは)投げる意識とかですね。腕を振るのはもちろん、真っすぐよりも腕を振るイメージです」。

 様々な握りを試し、行き着いたのは、人差し指だけを縫い目にかけるというもの。現在チームメートの中田賢一も同じ握りだというが、それでも「あまりいないかもしれない」という握り方だという。

 完全に武器として定着した今も、投げる際にはストレートを投げる時よりも、腕を強く振ることを意識している。「それくらいじゃないと、誤魔化せないんです。あれだけ変化するので、打者も分かる人は分かってしまう。腕を振って、誤魔化しています」。

 もちろん努力の賜物ではあるものの、ある意味、突然変異で誕生した「お化けフォーク」。ファン投票1位に輝いた千賀は、14日の第1戦で先発する。世界を驚かせた落差を誇る武器で、セ・リーグの打者のバットに空を切らせる。そんな場面が数多く起きることを、ファンも楽しみにしている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」