野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

打率1割台の苦悩から2年 真摯な努力で信頼を勝ち取った楽天ウィーラー

7月9日、楽天は「We love ウィーラー!」と銘打ったイベントを開催した。昨年も大好評を博したこのイベントの存在こそ、楽天の主砲ゼラス・ウィーラー内野手が、チームから厚い信頼を寄せられている証拠だろう。しかし、来日3年目を迎え、ユニークなキャラクターでファンに愛されているウィーラーも、現在の地位を手に入れるまでには多くの苦難を乗り越えなければならなかった。

今季も序盤は低空飛行も…

 しかし、来日3年目を迎えた今季は、開幕から絶好調なチームにあって、ウィーラーの状態はなかなか上向かなかった。3番や4番といった中軸を任されながら4月を終えた時点での打率は.191。来日初年度を思い起こすような苦しい成績となってしまう。だが、徐々に適応して逆境から這い上がってみせたのもその時同様だった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 5月に入ると23試合87打数29安打10本塁打、打率.333と大活躍。続く6月も22試合87打数28安打4本塁打、打率.322と好調を維持し、6月を終えた時点での打率は.281。2か月で打率を9分も上昇させ、優勝争いを繰り広げるチームの中で、主軸としての役割を果たしている。

 そして迎えた先述の「We love ウィーラー!」が開催された日の試合において、ウィーラーは5打数3安打1本塁打4打点と活躍。自身の名を冠したイベントが開催された試合で見事お立ち台に上がり、2年連続でイベントを企画した球団、そして声援を送ってくれたファンの期待に応えてみせた。

 2年前の入団会見で、「チームメイトからの信頼を得て、チームメイトを信頼したいと思います。エネルギーを出して、熱く・元気よくプレーをすることが信頼に繋がると思いますし、オフ・ザ・フィールド(野球以外)でも信頼したいです」と語っていたウィーラー。1年目は瀬戸際に立たされ、厳しい目を向けられることもあった。しかし、その誠実な人柄、野球に向き合う真摯な姿勢、そして自身のひた向きなプレーによって、チームとファンからの厚い信頼を勝ち取った。

 前半戦を終えた現時点での打率は.288、本塁打は19本と、昨季の成績をさらに上回りそうな気配だ。首位ターンを決めたチームがこのままリーグ制覇を果たすためには、ウィーラーの活躍が今後も欠かせないだろう。チームを愛し、チームに愛される頼もしい大砲は、これからも周囲の信頼に応えるためにバットを振り続ける。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」