野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • “登竜門”のフレッシュオールスター、輝きを放った将来のスター選手たち

“登竜門”のフレッシュオールスター、輝きを放った将来のスター選手たち

今年のフレッシュオールスターゲームは静岡草薙球場での開催。オリックス・バファローズファームでDJを務める私(ケチャップ)が、今年のフレッシュオールスターゲームでの選手コールを担当させていただくことになった。ウエスタン・リーグの選手には馴染みがあるが、イースタン・リーグの選手の情報には正直乏しい。選手名鑑片手に静岡へと向かった。

楽天・藤平尚真【写真:荒川祐史】
楽天・藤平尚真【写真:荒川祐史】

スタジアムDJが見た“若手球宴”、西武鈴木は高卒ルーキーらしからぬ落ち着き

 2017年7月13日。

 今年のフレッシュオールスターゲームは静岡草薙球場での開催。オリックス・バファローズファームでDJを務める私(ケチャップ)が、今年のフレッシュオールスターゲームでの選手コールを担当させていただくことになった。ウエスタン・リーグの選手には馴染みがあるが、イースタン・リーグの選手の情報には正直乏しい。選手名鑑片手に静岡へと向かった。

 18時プレーボールへ向けて、スタンバイが続く中、昼過ぎから静岡市内は激しい雨が降りはじめると、14時には大雨警報が発令され、開催が危ぶまれた。しかし、NPB関係者並びに草薙球場スタッフの皆さんは、『今日のゲームを楽しみに、球場へ来てくださっている全国の野球ファンのために』と、安全面を考慮しながら、開催に向けて準備を続けた。その思いが天に通じ、やがて雨もあがり、10分遅れとなったが、プレーボールを迎えることができた。

 直前までの大雨にも関わらず、静岡県内外から1万72名の野球ファンがスタンドを埋めつくした。スタメン紹介で、特に大きな拍手を集めたのが、地元静岡高校出身の埼玉西武ライオンズ#46鈴木将平選手。

 ライオンズの次世代のリードオフマン候補と期待されるルーキーの鈴木将平選手は、2番・レフトでフル出場。前半戦の記録では、68試合に出場し、打率.242、出塁率はリーグ10位の.341、そしてリーグ6位の11盗塁。高卒ルーキーで前半戦からこれだけゲームに起用されていることからも、チームの期待度が読み取れるし、それに見合った結果も残している。この日は出塁機会がなかったものの、打席では高卒ルーキーかと疑いたくなる落ち着いた雰囲気。パ・リーグを代表するリードオフマンへ、どのような成長を見せてくれるのか楽しみである。

人気記事ランキング