野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB辛勝で鷹の祭典4連勝、指揮官「投手で絞められたのは大きな勝利」

21日、ソフトバンクはロッテを相手に2-1と辛勝した。これで球宴明けから始まった地元での「鷹の祭典」は4連勝となった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

要所を抑えた千賀の状態アップまで「もうしばらくお待ちください」

 21日、ソフトバンクはロッテを相手に2-1と辛勝した。これで球宴明けから始まった地元での「鷹の祭典」は4連勝となった。

 先発の千賀滉大は6回1失点にまとめて白星をつかんだものの、工藤公康監督は「決していいというわけではない」と、やや渋い表情で振り返った。

「それでも要所でしっかりと抑えてくれたのはよかった。まだまだ本人が工夫しながらやっているところもあるし、本人も何とかしたいという気持ちを持ってやってくれている。いつもの彼に戻ってくれればイニングも投げられる。もうしばらくお待ちください」

 この日は、札幌での自打球の影響で柳田悠岐をスタメンから外して臨んだ。3番に中村晃を入れたが、内川聖一、デスパイネのクリーンナップはノーヒット。打線全体でわずか5安打と、2日前の北九州での試合とは対照的な印象を与えた。

「いい人もいるけど、少し疲れが貯まってというところもある。踏ん張りどころといえば踏ん張りどころなのかな、というのは感じてはいる。今日は投手で何とか凌いでいけたのはいいことだと思うし、打者も打てる時ばかりじゃないので、こういう時にしっかり(投手で)絞められたのは大きい勝利だと思う」

人気記事ランキング