野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

後に知った恩師の涙 日産野球部休部から再出発した左腕の「第2の野球人生」

NTT東日本の優勝で幕を閉じた都市対抗野球大会。今大会では6選手が10年連続出場の表彰を受けた。その中の一人、JR東海の秋葉知一投手(34、今大会はホンダ鈴鹿の補強として出場)は、特別な思いを胸に抱いていた。

JR東海・秋葉知一【写真提供:秋葉知一】
JR東海・秋葉知一【写真提供:秋葉知一】

都市対抗10年連続出場、左腕・秋葉が抱く久保監督への感謝の思い

 NTT東日本の優勝で幕を閉じた都市対抗野球大会。今大会では6選手が10年連続出場の表彰を受けた。その中の一人、JR東海の秋葉知一投手(34、今大会はホンダ鈴鹿の補強として出場)は、特別な思いを胸に抱いていた。

日の丸を背負って「優勝目指す」 異色の経歴・細山田が語る勝利へのこだわり(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2005年に日産自動車野球部(2009年休部)に入部。しかし、入部から3年間は全く試合に出られない日々が続き、初出場は4年目の2008年だった。日産自動車は2005年、2006年の都市対抗で2年連続準優勝に輝いたが、この2年間、秋葉は東京ドームのグラウンドに立つことさえできなかった。

「準優勝に輝いた2年は、裏方の仕事をしていました。決勝戦の試合前、選手が整列して挨拶をする姿をベンチ裏の小さい窓から見ていました。30メートル先には、いつも一緒に練習しているメンバーがいるのに、そこに行くことが許されない。みんなはユニフォームを着ているのに、僕はジャージでした。本当に悔しかったです」

 秋葉は当時をこう振り返る。

「来年こそは東京ドームのマウンドに立つ」

 2006年大会終了後にこう決意し、迎えた2007年、チームは予選で敗退。秋葉はでワンポイント登板のみに終わり、その年の秋、引退を決意した。

「何をやってもダメで、八方ふさがりでした。今までやってきたことが、マウンドで表現できない。『もう無理だな』って、諦めていました」

 そして、当時の指揮官、久保恭久監督に「辞めさせてください」と伝えた。

人気記事ランキング