野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

守っても凄い、ホークス中村晃 「いぶし銀の職人」が放つ存在感

守っても凄い。ソフトバンクにとって欠かすことの出来ない存在だ。中村晃外野手。柳田や松田といった派手さはないが、素晴らしい働きをする。それを存分に感じさせるプレーがあった。

ソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】

中村晃がチームの窮地救う圧巻送球、サファテも感謝「晃に助けられた」

 守っても凄い。ソフトバンクにとって欠かすことの出来ない存在だ。中村晃外野手。柳田や松田といった派手さはないが、素晴らしい働きをする。それを存分に感じさせるプレーがあった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 16日のオリックス戦(ヤフオクD)。いぶし銀の職人が、チームの窮地を救った。1点リードで迎えた9回。守護神のサファテがつかまった。先頭の吉田正に四球を与え、犠打で1死二塁。ここで中島が放った打球は遊撃・今宮の後方への小フライに。懸命に今宮は腕を伸ばしたが、わずかに及ばず、中村晃の前にポトリと落ちた。

 二塁走者の代走・安達は一気に本塁を狙う。打球を拾った中村晃は素早く本塁へと送球。ノーバウンドで捕手の高谷のミットに収まり、間一髪のところで判定はアウト。少し逸れれば、同点となる場面での完璧な送球だった。工藤公康監督は「素晴らしかった。ちょっと逸れたらセーフ。ストライクを投げたのが、勝ちに繋がった」と称賛し、3年連続40セーブを達成したサファテも「晃に助けられた」と感謝した。

 窮地を脱したビッグプレー。その瞬間、中村晃は何を思っていたのか。

「勝負にいっているので、高さは気をつけて。キャッチャーの止められるところに投げられれば、チャンスはあるかなと。無心で投げました。考える暇がなかったのが良かった」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」