野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天ドラ1藤平がつかんだ「三度目の正直」将来を期待させる価値ある1勝

8月22日の千葉ロッテ戦において、楽天の高卒ルーキー・藤平投手が念願のプロ初勝利を挙げた。

楽天・藤平尚真【写真:(C)PLM】
楽天・藤平尚真【写真:(C)PLM】

高卒新人では12球団最速の1軍デビュー&1勝目

 8月22日の千葉ロッテ戦において、楽天の高卒ルーキー・藤平投手が念願のプロ初勝利を挙げた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨夏の甲子園を沸かせた横浜高校のエースは、昨年のドラフト1位で楽天に入団。鳴り物入りでのプロ入りだったが、その大きな期待に応え、ファームでは着々と実績を残していた。ただ高卒ルーキーということで、1軍初登板は早くて夏頃と予想されていた。しかし、辛島投手の不調や塩見投手の怪我の影響もあり、交流戦期間中の6月16日、甲子園で行われた阪神戦でプロ初先発。今年の高卒新人の中では、12球団最速の1軍デビューを飾った。

 藤平投手のデビュー戦は2回裏、7番・原口選手に137キロの直球を左中間席まで運ばれ、5回、84球を投げて被安打5、与四死球2、失点2という結果となった。初登板初勝利とはいかなかったが、失点は一発を浴びたことによる2点のみ。思い出深い聖地・甲子園でのプロ初マウンドで、確かに自身の爪痕を残した。

 プロ2度目の登板は8月6日の千葉ロッテ戦。6回2失点と試合を作るものの、二木投手の前に味方打線が沈黙し、この日もプロ初勝利はならなかった。

 そして迎えた8月22日、チームは6連敗中。3度目の1軍マウンドに上がった藤平投手は落ち着いていた。初回は三塁打を浴びるものの、4番・ペーニャ選手から外角のスライダーで空振り三振を奪って、決定機を凌ぐ。直後の2回表に味方打線から1点の援護がもたらされると、その裏の千葉ロッテの攻撃を3者凡退に抑えてリズムを作り、以降は二塁より先への進塁を許さない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」