野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天ドラ1藤平がつかんだ「三度目の正直」将来を期待させる価値ある1勝

8月22日の千葉ロッテ戦において、楽天の高卒ルーキー・藤平投手が念願のプロ初勝利を挙げた。

チーム6連敗を止める頼れる投球「自分が止めようと強い気持ちを持っていた」

 最終的にチームは6-2で勝利し、藤平投手は5回を投げて被安打2、奪三振7、与四球1、無失点。堂々たる投球でチームの連敗を食い止めるとともに、「三度目の正直」と呼ぶべきプロ初勝利を手にした。球数は98球と少々多かったものの、ピンチらしいピンチを招いたのも初回のみ。被安打と与四球の少なさ、奪三振率には目を見張るものがある。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 球速自体は特筆して速い方ではないが、打者が藤平投手の直球に詰まらされる場面が散見された。その質のいい直球があるからこそ生きる変化球を効果的に配し、プロの打者を翻弄する姿には、これまで以上に大きな期待を抱かずにはいられない。

 藤平投手は千葉県出身。馴染み深い場所でうれしいプロ初勝利を挙げたことになるが、これは今季の高卒ルーキーでは12球団一番乗り。結果的にチームの連敗も6でストップさせるなど、記憶と記録に残るかけがえのない最初の「1勝」となったと言えるだろう。

 ヒーローインタビューでは、「(プロ初白星は)うれしいです」「自分が連敗を止めようという強い気持ちを持っていました」と、元気よくハキハキと質問に答え、ファンを魅了した藤平投手。チームの勝利が一番とはいえ、まず1勝を挙げたことで、藤平投手自身もようやく人心地ついたような部分はあるだろう。ここからが本当のスタート。相手チームに恐れられる頼もしい投手としてはもちろんのこと、チームメイトやファンに愛される魅力的な選手として、これからの野球人生を歩んでいってほしいものだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」