野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

続々と新星誕生のホークス、「育てながら勝つ」を実践する凄さ

続々と新星が出現している。パ・リーグで独走態勢に入ったソフトバンクである。23日の西武戦(ヤフオクD)で、3年目の笠谷俊介投手がプロ初登板を飾ると、その翌日、24日の同戦では笠谷に代わって初めて出場選手登録された2年目の小澤怜史投手がプロ初登板。勝負の終盤戦で、2試合連続で期待の投手が1軍デビューの機会を得た。大きなゲーム差をつけたとはいえ、優勝へと突き進むこのタイミングで「勝利」と「育成」を並行させたことに恐れ入る。

ソフトバンク・笠谷俊介【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・笠谷俊介【写真:藤浦一都】

今季ここまで9選手が1軍デビュー、「勝利」と「育成」を両立させる凄さ

 続々と新星が出現している。パ・リーグで独走態勢に入ったソフトバンクである。23日の西武戦(ヤフオクD)で、3年目の笠谷俊介投手がプロ初登板を飾ると、その翌日、24日の同戦では笠谷に代わって初めて出場選手登録された2年目の小澤怜史投手がプロ初登板。勝負の終盤戦で、2試合連続で期待の投手が1軍デビューの機会を得た。大きなゲーム差をつけたとはいえ、優勝へと突き進むこのタイミングで「勝利」と「育成」を並行させたことに恐れ入る。

 笠谷と小澤の1軍昇格は、何よりも来季以降を見据えた経験の意味合いが強い。27日のロッテ戦(ヤフオクD)で左肘の遊離軟骨除去手術で離脱していた和田毅投手が先発したが、その和田が入るまでの期間、選手の枠に1つ余裕が出来たのだ。そこで工藤公康監督は若手に1軍の場を経験する機会を与えた。1軍でのプレーの機会を与え、経験と刺激、課題を若手に感じさせ、それをファームに持ち帰って、成長の糧にさせる。これまでにも、指揮官がタイミングを見計らって行ってきた手法である。

 笠谷が登板翌日に登録を抹消されたのはもともと左肘の故障が多かったこともあって過度の登板を控えたのだろう。そこで、小澤に昇格のチャンスが巡ってきた。

 笠谷、小澤の2人はともに無失点のデビュー。笠谷は2イニングを投げて無安打3奪三振。小澤は1イニングを投げ、2安打されたものの、1つの三振を奪った。翌25日の試合では1イニングを投げて3失点したが、1軍での登板は貴重な経験となった。

 ただ、ソフトバンクで今季1軍デビューを飾ったのは、この2人だけにとどまらない。優勝を争う厳しい戦い中で、今季、プロ初昇格初出場を果たした選手が9選手もいる。以下がその面々だ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中