野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ鈴木が語る「6」の背中 偶然の握手から始まった「人生の不思議」

あれは鈴木大地内野手がプロ入りする前、大学2年が終わろうとしている冬のことだった。オフの日に、仲間たちと関東の遊園地に遊びに行った時に、異様なオーラを放つ男の姿を見つけた。服の上からでも、はっきりとわかる強靭な肉体。そしてテレビでよく見る顔に、すぐに井口資仁内野手であることが分かった。トイレに入ったのを確認すると、その外で出てくるのを待った。そして声をかけた。「マリーンズの井口選手ですか? 握手をしてください」。ニコリと微笑まれ、強く手を握ってくれた。

ロッテ・井口資仁(右)に花束を渡す鈴木大地(左)【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・井口資仁(右)に花束を渡す鈴木大地(左)【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

「夢にも思っていなかった」―憧れの井口と共に過ごした日々

 あれは鈴木大地内野手がプロ入りする前、大学2年が終わろうとしている冬のことだった。オフの日に、仲間たちと関東の遊園地に遊びに行った時に、異様なオーラを放つ男の姿を見つけた。服の上からでも、はっきりとわかる強靭な肉体。そしてテレビでよく見る顔に、すぐに井口資仁内野手であることが分かった。トイレに入ったのを確認すると、その外で出てくるのを待った。そして声をかけた。「マリーンズの井口選手ですか? 握手をしてください」。ニコリと微笑まれ、強く手を握ってくれた。

「人生って不思議ですよね。あの時はまだプロ入りなんて夢のまた夢の話で、思ってもいなかった。ただ、純粋に憧れのプロ野球選手と握手をしたい。それだけだった。まさか同じチームでプレーをすることになるなんて夢にも思っていませんよ」

 月日は流れた。鈴木は11年10月27日に行われたドラフト会議で千葉ロッテマリーンズに3位指名を受け、入団をした。あの日、握手をしてもらった井口とチームメートになった。ふとした時、その話をしてみた。

「ああ、なんか覚えている。トイレの前で大学生ぐらいの人に声を掛けられたことをね。そうか、あれが大地だったのかあ」。そう言って笑ってくれた。

 1年目は62試合の出場。2年目の13年にフル出場をすると14年からキャプテンを務め、マリーンズの看板選手までに成長をした。そして今シーズンをもって大学2年のあの日、握手をしてもらった憧れの大先輩は引退をすることになった。

「いろいろな思い出があります。その一つ一つを大切に、しっかりと胸に刻んで、これからこの世界で生きていこうと思っています」

 鈴木はそう言って、自分自身の記憶の中に大事にしまっている様々な思い出を語りだした。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中