野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

まさに「いぶし銀」、ますます存在感を高める西武・炭谷銀仁朗

パ・リーグのペナントレースはここへきて異変が起こっている。故障者続出で失速した楽天に代わって西武が2位にのし上がった。この西武にあって渋い存在感を見せているのが捕手の炭谷銀仁朗だ。

西武・炭谷銀仁朗【写真:編集部】
西武・炭谷銀仁朗【写真:編集部】

存在感放つ30歳・炭谷

 パ・リーグのペナントレースはここへきて異変が起こっている。故障者続出で失速した楽天に代わって西武が2位にのし上がった。この西武にあって渋い存在感を見せているのが捕手の炭谷銀仁朗だ。

 今季は炭谷の2歳下、28歳の岡田雅利が出場試合数を増やしている。正捕手炭谷の立場危うしというところだが、エース菊池雄星の相方はすべて炭谷、ベテランのウルフの捕手も炭谷。まだまだ首脳陣は、炭谷に信頼を寄せている。

 菊池は2段モーションにより反則投球を宣告され、シーズン中のフォームの改造を余儀なくされた。そんなエースをマスク越しに支えたのは12年目の炭谷だったのだ。今季は規定打席未達ながら打率は.254、OPSも.613とキャリアハイ。地味ながらもまだまだポジションを譲る気はない。

 名門・大阪桐蔭高から大阪ガスを経て2014年に入団した岡田雅利は、強肩が売りの捕手。しかし打撃では打率.202と苦戦している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中