野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

サファテが見せつける絶対守護神の力 36歳で驚異の進化、理由は本人も「?」

今季で36歳となったサファテが、いまだに進化を遂げている。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

歴代の名ストッパーと肩を並べたデニス・サファテ

 歴代の名ストッパーに肩を並べた。ソフトバンクのデニス・サファテ投手が、2日の楽天戦(ヤフオクD)で今季46セーブ目をマーク。2005年の中日・岩瀬仁紀、2007年の阪神・藤川球児の持つプロ野球記録に、今季121試合目、22試合を残した段階で到達した。

元福岡ソフトバンク右腕・斉藤和巳氏が心に置く育成の基礎「失敗しろ、1つの成功を喜べ」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 3日の同戦では、そこまで3連投となっていたために、守護神は休養日として登板はなし。記録の更新は5日のオリックス戦(京セラD)以降に持ち越しとなったが、それも時間の問題だろう。47セーブに止まらず、50セーブ、それ以上どこまで数字を残すことになるのだろうか。

 2011年、広島への入団を機に来日したサファテ。2013年には西武に移籍し、ソフトバンクには2014年に加入して4年目となる。今季で来日7年目。ソフトバンクでは加入1年目から37セーブをマークし、41、43、そして46セーブと、セーブ数を増やし続けている。それだけチームが勝ち続けていることももちろんそうなのだが、今季で36歳となったサファテが、いまだに進化を遂げている。

 まず、その球速。アメリカ時代には最速159キロをマークしていたというが、それは、まだ20代の時期のこと。それが36歳を迎えた今季、4月に自己最速タイとなる159キロをマーク。シーズン終盤になっても、150キロ台中盤の球速を連発しており、衰え知らずどころか、昨季よりも平均的な球速が上がっている印象すら受ける。

 それ以外の指標でも、過去3年を比べると、成績が向上しているものはある。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中