野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

サファテが見せつける絶対守護神の力 36歳で驚異の進化、理由は本人も「?」

今季で36歳となったサファテが、いまだに進化を遂げている。

向上する数字、サファテ登板で漂う“諦めムード”

防御率 1.11(15年)、1.88(16年)、0.95(17年)
K/9 14.20(15年)、10.54(16年)、14.21(17年)
BB/9 1.95(15年)、1.59(16年)、1.42(17年)
WHIP 0.63(15年)、0.82(16年)、0.70(17年)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 K/9は1試合9イニングを投げた際に平均何個の三振を奪うか(つまり奪三振率)、BB/9は奪三振率と同様に1試合9イニングを投げた際に何個の四球を与えるかという制球力を示し、WHIPは1イニングあたりで何人走者を出すかを示す指標である。

 見れば分かるように、防御率、K/9、BB/9と、いずれも過去3年で最高の数字を現時点で叩き出している。WHIPは2015年に比べると若干下回っているものの、それでも0.70というのは驚異的な数字である。伸び上がるような真っ直ぐの球速を維持、ないし高めながら、これまで以上に制球力を向上させ、自滅するリスクが年々低下していっていると言える。

 昨季は同点の場面での登板だけで7敗を喫したものの、今季は2敗だけ。セーブシチュエーションの失敗は1度だけと、驚くほどの安定感を見せている。サファテ自身は昨季からの変化を問われ、「妻の体調が悪かったというのがあって、野球のことを深く考えていなかった。野球のことに入り込み過ぎなかったのが良かったのかな。年も取ったし、よりスマートな考えが出来るようになったのかもしれないね。正直、よく分からないよ」と答えていた。

 ただ、昨季喫した7敗はよほど悔しかったのだろう、オフには相当なトレーニングを積んできていた。シーズン中もトレーニングを欠かさない真面目さを支えに、36歳でも、進化し続ける絶対守護神。1点でもリードした状況で、この「キング・オブ・クローザー」がマウンドに上がれば、敵チームのファンには諦めムードが漂い、ホークスファンは勝利を確信する。それほどの圧倒的な力を、サファテは示している。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」