野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日の「鉄腕」岩瀬の凄すぎる成績 サファテの日本記録樹立で改めて脚光

ついに歴史が塗り替えられる瞬間が訪れた。5日、京セラドーム大阪で行われたオリックスvsソフトバンク戦。延長11回表にソフトバンクが勝ち越しに成功し、その裏にマウンドに上がったのはデニス・サファテ投手だった。

中日・岩瀬仁紀【写真:荒川祐史】
中日・岩瀬仁紀【写真:荒川祐史】

サファテが日本新47セーブ、記録達成の際に必ず名前が出てくる岩瀬

 ついに歴史が塗り替えられる瞬間が訪れた。5日、京セラドーム大阪で行われたオリックスvsソフトバンク戦。延長11回表にソフトバンクが勝ち越しに成功し、その裏にマウンドに上がったのはデニス・サファテ投手だった。

 先頭の伊藤、続く安達を2者連続で空振り三振に仕留めると、最後は駿太を平凡な左飛に打ち取り、試合を締めた。これで、サファテは今季47セーブ目。2005年の中日・岩瀬仁紀、2007年の阪神・藤川球児がマークした46セーブのシーズン最多セーブ記録を更新し、新たなプロ野球記録を樹立した。

「キング・オブ・クローザー」と称され、ついに歴代1位の金字塔を打ち立てたサファテ。今季は、マーク・クルーンが持っていた外国人最多セーブ記録の更新を皮切りに、通算200セーブ達成、4年連続30セーブ、3年連続40セーブ、自身が2016年にマークしたシーズン最多セーブのパ・リーグ記録更新、そしてシーズン最多セーブ記録のプロ野球記録と、数々の記録を打ち立ててきた。
 
 サファテの数々の快挙達成の一方で、そのたびに、その偉大さを改めて痛感させる人物がいる。何かしらのセーブ記録が達成される際に、必ずといっていいほど名前が出てくるのが、中日の岩瀬仁紀投手である。
 
「光栄だし、2人とも凄い投手。1年目、日本に来た時から姿を見ていて、尊敬している2人に並べて光栄だね」(46セーブ到達時)

「偉大な2人の記録を越えることが出来て嬉しく思う」(47セーブ達成時)
 
 サファテも、これまで度々、藤川とともに岩瀬への尊敬の思いを口にしている。今回のシーズン最多セーブ記録はもちろんのこと、サファテの4年連続30セーブ、3年連続40セーブは、どちらも史上2人目のことだった。これまでに唯一、それを達成してきたのが、この岩瀬である。

 1998年のドラフト2位で、NTT東海から中日に入団した岩瀬が築き上げてきた実績はとにかく輝かしい。1999年から今季でプロ19年目。42歳にして、今なお現役でマウンドに立ち続けている左腕のこれまでの成績は以下のようになっている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中