野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「先輩」のような強烈キャラでなくても…松本が誠実さで日ハムの希望になる

名門高校の4番・キャプテンを務めながら、プロ入り後は5年間苦しみ抜いてきた24歳の若武者が、いよいよ開花の時を迎えようとしている。北海道日本ハムの松本剛が、外野の一角として今季レギュラーに定着した。打線のつなぎ役として、中島卓に次ぐ19犠打を記録しつつ、3割近い打率を残して存在感を発揮し、チームにとっては来季以降に向けた大きな希望の1つとなっている。

日本ハム・松本剛【写真:石川加奈子】
日本ハム・松本剛【写真:石川加奈子】

帝京高校では4番・キャプテンだった松本、今季の日ハムの希望の1つに

 名門高校の4番・キャプテンを務めながら、プロ入り後は5年間苦しみ抜いてきた24歳の若武者が、いよいよ開花の時を迎えようとしている。北海道日本ハムの松本剛が、外野の一角として今季レギュラーに定着した。打線のつなぎ役として、中島卓に次ぐ19犠打を記録しつつ、3割近い打率を残して存在感を発揮し、チームにとっては来季以降に向けた大きな希望の1つとなっている。

 帝京高校時代には1年時からレギュラーを務め、春夏通算で3度の甲子園に出場した経験を持つ松本。最終学年ではキャプテンとして名門校を引っ張り、甲子園でも後にチームメイトとなる大谷から決勝打を放つなど活躍した。しかし、2011年のドラフトで2位指名を受けて北海道日本ハムに入団後、攻守で大きな壁に直面してしまう。

 高校時代は遊撃手を務め、入団会見でも「走攻守すべてを生かし、金子誠さんのようにどんな場面でも安定感のあるプレーを心がけていきたいと思います」と、長年、北海道日本ハムを支えた守備の名手を目標に掲げていた松本。しかし、プロ1年目にはイースタン・リーグの遊撃手としてはリーグ最多となる28失策を喫し、守備面での大きな課題を露呈してしまう。2014年にも二塁手としてリーグ最多タイの12失策を記録するなど安定感を欠き、打撃面でもなかなか殻を破れず。2016年までの5年間で、1軍出場は25試合のみに終わってしまった。

 ところが今季、真摯に努力を続けていた松本へ、ついにチャンスがめぐってくる。開幕こそ2軍スタートとなったが、故障者が続出した影響もあり、外野手として1軍から声がかかる。そして、昇格2日後の4月25日の福岡ソフトバンク戦では、日本を代表する右腕の1人である千賀から2本塁打。首脳陣とファンに強烈なインパクトを残して、勢いそのまま1軍定着を果たした。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中