野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ビビッて投げていた」社会人野球で快挙の右腕 ノーノー導いた指揮官の言葉

今年7月に行われた第88回都市対抗野球大会で、完全試合を含め史上5人目となるノーヒットノーランを達成した日本通運の阿部良亮投手と木南了捕手のバッテリー。偉業を成し遂げた右腕は、「自分でも出来るとは思わなかった」と驚きを隠せない。

ピンチで受けたゲキ、「ギア上げて絶対抑えてこい」

 大会前の最後の練習試合で好投し、自信を得たことも大きかった。試合数日前に先発を言い渡されてからは、いつもと変わらず、対戦相手のビデオを見て2人で話し合い、入念に準備を進めた。 

 迎えた都市対抗野球大会2回戦のパナソニック戦。試合は5回に2四死球で1死一、二塁と、この試合最大のピンチを迎えた。ここでマウンドまで来た藪監督からは「試合の中ではピンチは必ず来る。抑えなきゃいけない時が来る。それがここだから、ここでギア上げて絶対抑えてこい」と声をかけられた。

 木南はその場面を「ピンチでの初球の入り方は、チームで課題にしてきたことです。日ごろから意識していることを、その場でやるだけ。シンプルに考えていました。点差が1点差ですから、打たれても試合に勝つことだけを考えていました」と振り返る。

 阿部も、その木南の配球を信じて思い切り腕を振って投げた。結果は連続三振だった。

 このピンチを切り抜けても、無安打無失点について特に意識していなかったという右腕。試合は1-0と最少の点差。「試合は動くと思っていた」というバッテリーは、試合に勝つことだけを考えていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」