野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

37年ぶり連覇、広島の優勝会見全文 新井「若いみんなが頼もしかった」

広島は18日に甲子園で阪神に勝利し、2年連続8度目のセ・リーグ制覇を決めた。37年ぶりのリーグ制覇を達成した緒方孝市監督、新井貴浩内野手、菊池涼介内野手、丸佳浩外野手、今村猛投手が優勝会見に出席。2年連続リーグ制覇、そして昨年は果たせなかった日本一への思いを語った。

広島・新井貴浩【写真:荒川祐史】
広島・新井貴浩【写真:荒川祐史】

緒方監督、新井、菊池、丸、今村が出席「昨年の喜びとは違った感じ」

 広島は18日に甲子園で阪神に勝利し、2年連続8度目のセ・リーグ制覇を決めた。37年ぶりのリーグ制覇を達成した緒方孝市監督、新井貴浩内野手、菊池涼介内野手、丸佳浩外野手、今村猛投手が優勝会見に出席。2年連続リーグ制覇、そして昨年は果たせなかった日本一への思いを語った。以下は会見全文。

――まずは監督、リーグ連覇おめでとうございます。

緒方監督(以下、緒)「ありがとうございます」

――今の率直な気持ちは。

緒「やっと落ち着いたというか、冷静になれました。本当にその瞬間というのは、昨年の喜びとは違った感じがして、本当に自分の中で感極まってしまって、自分の中でも涙が出ていたという感じでした。今は落ち着いています」

――感極まるというのは、去年はなかった感覚ですか。

緒「去年は本当に無我夢中で、あっという間に優勝が決まった感じで。ゲームセットになって、すぐに胴上げという感じがしたので。今年は、本当に優勝した瞬間まで、一歩一歩という感じが自分の中ではあって、ゲーム展開も接戦で、最後の胴上げのところでは中崎が本当に頑張って抑えてくれて、さらに自分の中では感動したというか、そういう気持ちになりました」

――次は新井選手、リーグ連覇が決まった瞬間の気持ちは。

新井(以下、新)「嬉しかったです」

――昨年、優勝した時は「夢みたい」というコメントがありましたが、今年のリーグ連覇はまた違うものがありましたか。

新「いや、去年も嬉しかったですけど、今年も同じぐらい嬉しいです」

――マジック1で、甲子園の左半分が真っ赤に染まりましたが、球場の雰囲気はどうでしたか。

新「不思議な感じがしました」

――不思議というのは。

新「なかなか甲子園でああいう雰囲気というのはないことなので、そういうところですね」

――続いて菊池選手、今の率直な気持ちは。

菊池(以下、菊)本当に、嬉しいです」

――去年の優勝と、何か気持ちの変化はありましたか。

菊「勝たなければいけないという重圧もある中で、本当に最後の最後まで、ちょっと長かったなという感じです」

――最後の9回、3つのアウトというのは独特な雰囲気がありましたか。

菊「そんなに変わりはないですけど、(田中)広輔の方にボールがいって、去年と同じだなと思って、ちくしょうと思って見ていました。最後は本当に、ずっと飛んで来いと思っていたので、ちょっと悔しいです」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中