野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

田中将大が契約破棄したら…米メディア「フィリーズが長期契約で獲得狙う」

シーズン終了後に契約を破棄し、フリーエージェント(FA)になれる「オプトアウト」の権利を持つヤンキースの田中将大投手。今季は12勝11敗で、防御率は自己ワーストの4.73と浮き沈みのあるシーズンを送っており、契約破棄に踏み切る可能性は低いとの見方もあるが、その去就には注目が集まっている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

若手が台頭で躍進期待されるフィリーズ「ローテーション投手は壊滅的」

 7年総額1億5500万ドル(約172億5000万円)の大型契約の4年目となる今年、シーズン終了後に契約を破棄し、フリーエージェント(FA)になれる「オプトアウト」の権利を持つヤンキースの田中将大投手。今季は12勝11敗で、防御率は自己ワーストの4.73と浮き沈みのあるシーズンを送っており、契約破棄に踏み切る可能性は低いとの見方もあるが、その去就には注目が集まっている。

 そんな中、米メディアは田中について、もしFAになった場合にはナ・リーグ東地区のフィリーズが獲得に動く可能性があると指摘している。ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」が「マサヒロ・タナカ? マーカス・ストローマン? フィリーズが今オフ狙うべきインパクトのある投手たち」と題した特集記事を掲載。候補の中には、今オフのメジャー挑戦決断に注目が集まっている日本ハムの大谷翔平投手の名前も挙がっている。

 まずは「フィリーズ・ベースボールはフィラデルフィアで再び息を吹き返した」と指摘。2007年から地区5連覇を達成し、08年には世界一に輝くなど黄金期を築いていたフィリーズだが、その後は低迷してきた。今季も58勝91敗で地区最下位に沈んでいるが、生きのいい若手が次々と現れている。

「記録的なリース・ホスキンスのホームランに、アーロン・ノラ、オデュベル・ヘレーラ、アーロン・アルテールといった若手選手、さらにニック・ウィリアムズ、JP・クロフォード、ホルヘ・アルファーロという期待のルーキーたちの出現により、2017年のワースト・チームは来季もっともっと良くなるだろう」

 記事では、このように紹介。その上で「しかし、投手陣に目を向けると、ノラ以外のローテーション投手は壊滅的だ。もしチームが来年夏の時期に本気で上位争いを狙うなら、信頼できる投手2人の獲得が必須だろう」と主張し、FA市場とトレード市場からそれぞれ5投手ずつの獲得候補をピックアップしている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中