野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「絶対に必要な選手」柳田不在のホークス、大きすぎる穴をどう埋めるのか?

パ・リーグ王者のソフトバンクに、思いも寄らないアクシデントが襲った。20日の日本ハム戦(札幌D)。チームの看板である柳田悠岐外野手が、右脇腹を痛めて途中交代した。翌21日に札幌市内の病院でMRI検査を受けた結果、「右腹斜筋損傷・肋間筋損傷2度」で全治3週間と診断された。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

病院の診断は全治3週間、監督はCSでの復帰を望むが…

 パ・リーグ王者のソフトバンクに、思いも寄らないアクシデントが襲った。20日の日本ハム戦(札幌D)。チームの看板である柳田悠岐外野手が、右脇腹を痛めて途中交代した。翌21日に札幌市内の病院でMRI検査を受けた結果、「右腹斜筋損傷・肋間筋損傷2度」で全治3週間と診断された。

 工藤公康監督は「代打という可能性もゼロではないと思います」と話したものの、残り9試合となったシーズン中の復帰は厳しい状況。現実的には、10月18日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ初戦に間に合うかどうか、というところ。脇腹は打者にとって大きく負荷のかかる部位だけに、微妙なところだろう。

「クライマックスシリーズには間に合うと、僕は思っている。なるべく早く治すようにと本人には伝えている。本人の思いが強ければ強いほど、早く戻ってこられるのでは、と思っています」と指揮官は言う。柳田はまず関東地方の病院で数日間治療を受けてからリハビリ組に合流。早期復帰に向けて、リハビリに励むことになる。

 CSファイナルステージを控えるソフトバンクにとって、柳田が絶対不可欠な存在であることは、誰の目にも明らかだろう。工藤監督も「絶対に必要な選手」と言う。それほどまでに、今季の活躍はチームに多大な貢献を与えた。

 6月には月間打率.363、12本塁打と打ちまくり、交流戦最高勝率に貢献。月間MVPにも輝いた。7月も月間打率.393を記録し、3冠王への期待も抱かせたほどだ。剥離骨折で内川が戦列を離れた後は4番に入り、チームをリーグ優勝まで導いた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中