野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • MLB公式サイトがイチロー特集 長いキャリアを続けるコツと日課を“公開”

MLB公式サイトがイチロー特集 長いキャリアを続けるコツと日課を“公開”

来月で44歳を迎えるマーリンズのイチロー外野手。メジャー17年目、最年長野手としてプレーし続ける今季は、出場するたびに何らかの記録が更新される状態が続いている。ここまでに、メジャー通算安打数(3079本)ではリッキー・ヘンダーソン(3055本)らを抜き、交流戦通算安打数ではデレク・ジーターを超えた。ジョン・バンダーウォールの持つシーズン代打安打記録(28本)の更新も時間の問題かもしれない。そんな“生きる伝説”について、MLB公式サイトでは特集を組み、本人へのインタビューから長いキャリアを送るコツ、かの有名な“ルーティン”について紹介している。

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】
マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

怪我を少なく過ごすには、自分の体のバランスを知ることが大事

 来月で44歳を迎えるマーリンズのイチロー外野手。メジャー17年目、最年長野手としてプレーし続ける今季は、出場するたびに何らかの記録が更新される状態が続いている。ここまでに、メジャー通算安打数(3079本)ではリッキー・ヘンダーソン(3055本)らを抜き、交流戦通算安打数ではデレク・ジーターを超えた。ジョン・バンダーウォールの持つシーズン代打安打記録(28本)の更新も時間の問題かもしれない。そんな“生きる伝説”について、MLB公式サイトでは特集を組み、本人へのインタビューから長いキャリアを送るコツ、かの有名な“ルーティン”について紹介している。

「イチローに残された数十年の現役生活」と題された記事では、レギュラーから控えに役割を変えながらも、今なおプレーで貢献する背番号51の魅力を分析。日本で9年、メジャーで17年、合計26年の長い現役生活を送れるコツは、おなじみの“ルーティン”と呼ばれる念入りなトレーニングにあるとしている。

 だが、プロ入りしてすぐ、このルーティンを確立した訳ではない。記事によれば、オリックスでプレーした1990年代には「みんなのようになろうと、体を大きく鍛え上げようとしたこともあります。でも、僕にとっては合わない方法でした」と通訳を介して明かしたという。

 長いキャリアを送りながらも大きな怪我はほとんどない。怪我の少なさこそが、長いキャリアに直結するとも言える。どうしたら怪我なく過ごせるのか。イチローは、その秘訣について「自分が耐えうる、適切な体のバランスを知ること」だと話したそうだ。「僕は自分の体が耐えうる、適切なバランスを保つことができています。ただ、そこは人それぞれ違う。自分の体に適したバランスを超える選手を何人も見てきましたが、たいがい怪我をしてしまいます」と、体が求めるバランス、そして体の耐えうる限界を知ることが大切だとしている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中