野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口、鮮やかすぎるラストゲーム チームメートへ贈ったメッセージ

伝えたかったのは、この姿だったのかもしれない。今季限りで引退する千葉ロッテ・井口資仁内野手が24日、現役最後となった試合で本塁打。2点ビハインドの9回に試合を振り出しに戻し、延長でのサヨナラ劇につなげた。

ロッテ・井口資仁【写真:(C)PLM】
ロッテ・井口資仁【写真:(C)PLM】

9回に劇的な同点2ラン「さすが井口だ」

 伝えたかったのは、この姿だったのかもしれない。今季限りで引退する千葉ロッテ・井口資仁内野手が24日、現役最後となった試合で本塁打。2点ビハインドの9回に試合を振り出しに戻し、延長でのサヨナラ劇につなげた。

 歯を食いしばり、振り抜いた打球は、バックスクリーン右に飛び込んだ。9回無死一塁、相手守護神・増井から同点に追いつく2ラン。「やっぱり役者が違う。帯同するのではなく、しっかり2軍で練習を積んでゲームに合わせる。さすが井口だ」と、伊東監督もうなった一撃。6月20日に今季限りでの引退を発表。引退試合のため、この日限り1軍に昇格し「6番・指名打者」で先発出場。記念の試合というだけではなく、しっかり結果を残す姿に、ZOZOマリンは沸騰した。

 井口の一撃で延長戦へ突入したチームは、延長12回、執念を見せた。代打の肘井が左中間へ二塁打を放つと、1死二、三塁で鈴木が右前にサヨナラ適時打。鈴木への手洗い祝福、の前に、この日ばかりは井口へ大量のウォーターシャワーが浴びせられた。

 青山学院大学で輝かしい成績を残し、1996年にドラフト1位で福岡ダイエーに入団。ルーキーイヤーの1997年、5月3日の近鉄戦でプロ初出場を果たし、その試合で満塁本塁打を放つという鮮烈デビューを果たした。2001年に44盗塁でタイトルを獲得するとともに、松中信彦、小久保裕紀、城島健司と4人が30本塁打を達成。このころはその攻撃力が他球団の脅威となり「ダイハード打線」と言われた。2003年には3番・井口、4番・松中、5番・城島、6番・バルデスの「100打点カルテット」が完成。チーム打率.297という記録を残した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中