野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原浩治はRソックス守護神最高の成功例!? キンブレルの活躍で改めて脚光

上原浩治はRソックス守護神最高の成功例!? キンブレルの活躍で改めて脚光

レッドソックスの守護神、クレイグ・キンブレル投手が圧巻のシーズンを送っている。今季65試合に登板して、5勝35セーブ、防御率1.34。67イニングを投げて122奪三振14四球で、黒星はゼロだ。ア・リーグ東地区首位のチームは、すでにプレーオフ進出が決定。ここに来て2連敗を喫しているものの、5試合を残して2位ヤンキースとは3ゲーム差で、マジック「3」と地区制覇も目前に迫っている。

レッドソックス在籍時の上原浩治【写真:Getty Images】
レッドソックス在籍時の上原浩治【写真:Getty Images】

キンブレルが今季圧巻の活躍も…“伝説”になるには上原のようなPOでの活躍が必要?

 レッドソックスの守護神、クレイグ・キンブレル投手が圧巻のシーズンを送っている。今季65試合に登板して、5勝35セーブ、防御率1.34。67イニングを投げて122奪三振14四球で、黒星はゼロだ。ア・リーグ東地区首位のチームは、すでにプレーオフ進出が決定。ここに来て2連敗を喫しているものの、5試合を残して2位ヤンキースとは3ゲーム差で、マジック「3」と地区制覇も目前に迫っている。

 加入1年目の昨季は2勝6敗31セーブ、防御率3.40とらしくない数字が並んでいたが、今季は現役NO1クローザーとも評されたブレーブス時代の輝きを取り戻している剛腕。ただ、伝統球団の歴史に名を残す存在になるかは、プレーオフでのピッチング次第で決まると地元紙は指摘。引き合いに2013年の上原浩治投手の名前を挙げ、当時の活躍ぶりを改めて絶賛している。

 キンブレルの特集記事を組んだ地元紙「プロビデンス・ジャーナル」はまず、今季の成績を「素晴らしい」と評価。さらに「5勝負けなしということよりもさらにすごいのは、彼が登板した試合は59勝6敗(勝率.908)ということだ」と、チームを勝利に導く投球を絶賛している。その上で、輝かしい実績を残した過去の名クローザーたちの例を紹介。その中で、ウエハラの名前が登場する。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中