野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

上原浩治はRソックス守護神最高の成功例!? キンブレルの活躍で改めて脚光

レッドソックスの守護神、クレイグ・キンブレル投手が圧巻のシーズンを送っている。今季65試合に登板して、5勝35セーブ、防御率1.34。67イニングを投げて122奪三振14四球で、黒星はゼロだ。ア・リーグ東地区首位のチームは、すでにプレーオフ進出が決定。ここに来て2連敗を喫しているものの、5試合を残して2位ヤンキースとは3ゲーム差で、マジック「3」と地区制覇も目前に迫っている。

10月も圧巻の活躍「ウエハラにできてトム・ゴードンにできなかったこと」

「今日においてのクローザーとは何たるかを示す良い例は、1988年のリー・スミスである。また、98年のトム・ゴードン、ジョナサン・パベルボンの2006、2009年シーズンは、コウジ・ウエハラの2013年シーズンと並んで、突出したものである」

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 このように、上原はクローザーとして最高の成功例だと紹介。2013年、加入1年目の日本人右腕は6月までは中継ぎだったため、評価しがたいものがあるとしつつ、クローザーを任されてからはほぼ完璧な活躍だったと絶賛。クローザーとして41試合に登板して4勝1敗、防御率0.41を残し、22回のセーブ機会のうち20回に成功。さらに、44回1/3を投げて被安打15、2四球、58奪三振という圧巻の成績を並べた上で「レッドソックスは、彼がクローザーで登板した試合は35勝6敗(勝率.854)の成績を残した」と、こちらもチームを勝たせる守護神だったと評価している。

 ただ、上原がボストンで絶大な人気を誇るのは、この成績にプラスしてポストシーズンでの圧巻の活躍があったから。8回途中からの登板も厭わず、リーグ優勝決定シリーズではMVPに輝くなど、その存在感は圧倒的だった。ワールドシリーズ史上初の牽制アウトでの試合終了という“快挙“も成し遂げている。

「ゴードン、キンブレル、ウエハラ。彼らを区別するのは困難だ。ただ、ウエハラにできてゴードンにできなかったことを一つ挙げるなら、プレーオフに入っても活躍し続けたことだ。プレーオフの戦いぶりによって、キンブレルがレッドソックスのクローザーとして、最終的にどのランクに位置することになるか決まる」

 キンブレルがレッドソックスでも伝説の存在となれるかは、レギュラーシーズン同様のピッチングをポストシーズンでも継続できるかにかかっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」