野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武の“鬼門”ヤフオクドーム、日本一を目指すチームの鬼門突破のカギは?

最後まで苦手意識は払拭できないままだった。辻発彦監督率いる西武ライオンズ。28日に、敵地ヤフオクドームでソフトバンクとの今季最終戦を戦い、5-8で敗れた。先制点を奪いながらも、先発の岡本洋介がソフトバンク打線に捕まり、試合をひっくり返された。

西武・辻発彦監督【写真提供:西武ライオンズ】
西武・辻発彦監督【写真提供:西武ライオンズ】

今季ヤフオクドームでは1勝11敗、メットライフでは8勝4敗

 最後まで苦手意識は払拭できないままだった。辻発彦監督率いる西武ライオンズ。28日に、敵地ヤフオクドームでソフトバンクとの今季最終戦を戦い、5-8で敗れた。先制点を奪いながらも、先発の岡本洋介がソフトバンク打線に捕まり、試合をひっくり返された。

 その後も、リリーフ陣が四死球から失点を重ねる悪循環に陥り、ソフトバンク打線に許した安打はわずか5安打にもかかわらず、9四球1死球を与え、8点を奪われた。指揮官も「一番多かったのは四球。それが全て」と険しい表情だった。
 
 今季の西武は、ヤフオクドームで12試合を戦ったが、わずか1勝しかできず、11敗を喫している。ホームゲームでは8勝4敗とソフトバンクに勝ち越しているにも関わらず、クライマックスシリーズ・ファイナルステージの舞台となる敵地では厳しい戦いを強いられている。

 辻監督は28日の試合後に「慎重になり過ぎるのか。ここがホームランが出やすいというのもあるんだろうけど。そういうところで大胆にいければいいんだけどね」と話していたが、これは何もこの試合に限ったことではない。今季の西武のヤフオクドームでの戦いは、デジャヴのように毎度同じような光景が繰り広げられてきた。

 今季、西武はヤフオクドームでの12試合で防御率7.74。もちろん、これはパ・リーグ球団との対戦の中でワーストの数字だ。ホームゲームは3.81となっており、格段に悪い。被本塁打23本も、他のビジター球場に比べて群を抜いている。さらに63四死球もワーストで、次に多いKoboパークの43四死球の約1.5倍も与えている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中