野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鉄腕・宮西の生みの親 絶大な信頼を寄せられる日ハム厚沢コーチの手腕

NPB史上2人目となる通算250ホールドと10年連続50試合登板を達成した日本ハムの宮西尚生投手。彼を最も近くで見てきたのは、入団当時投手コーチだった厚沢和幸ベンチコーチだ。

日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】
日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】

研究熱心さと人柄が評価され、31歳で2軍投手コーチ就任

 NPB史上2人目となる通算250ホールドと10年連続50試合登板を達成した日本ハムの宮西尚生投手。彼を最も近くで見てきたのは、入団当時投手コーチだった厚沢和幸ベンチコーチだ。選手として華々しい実績はないものの、周囲から絶大な信頼を寄せられる厚沢コーチとはどんな人物なのだろうか。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 大宮工高から国士舘大を経て94年のドラフト2位で入団した厚沢コーチは、1年目の95年に左の中継ぎとして7試合に登板したものの、なかなか1軍に定着できなかった。03年限りで現役を退くまでプロ9年間で1軍登板は42試合、防御率5.37の成績。選手として結果は残せなかったが、研究熱心さと人柄が評価されて、引退と同時に31歳で2軍投手コーチとして指導者人生をスタートさせた。

 厚沢コーチの名前が全国区になったのは、14年に国内フリーエージェント(FA)権を取得した宮西がオフに行った残留会見の時ではないだろうか。残留の決め手の一つとして宮西の口から「厚沢さんを日本一のコーチにしたい」という言葉が飛び出したからだ。

 ちょうどスコアラーからコーチ復帰へ異動が決まった頃だった。選手からこんなことを言われるのは、コーチ冥利に尽きるはず。そう思って聞いてみると、下積みが長かった苦労人は照れくさそうに笑った。

「『うん、そうして。勝って日本一になって』と思ったよ。まあ、うれしかったね」

 15年はリーグ2位に終わったものの、投手コーチからベンチコーチへと立場が変わった昨季、本当に日本一になった。最優秀中継ぎのタイトルも獲得して約束を果たした宮西は「日本一で恩を返せたので、これでタイになりました」と笑う。その心底うれしそうな口調とドヤ顔に、師弟コンビの強い絆がにじみ出ていた。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬