野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ずっと追いかけてきた」―広島で活躍の兄から刺激、プロ注目の弟が秘める思い

侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」が2日、台湾で開幕した。日本は予選ラウンド初戦で香港と対戦。30-0の大差をつけて、5回コールド勝ちの白星発進をした。この試合に、今秋のドラフト候補に挙がる田中俊太内野手(日立製作所)は「1番・二塁」で先発。リードオフマンとして先制のホームを踏み、2安打4打点とチームを勢いづけた。

侍ジャパン社会人代表・田中俊太【写真:Getty Images】
侍ジャパン社会人代表・田中俊太【写真:Getty Images】

兄は広島・田中、プロ注目の侍J社会人“斬り込み隊長”俊太が躍動

 侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」が2日、台湾で開幕した。日本は予選ラウンド初戦で香港と対戦。30-0の大差をつけて、5回コールド勝ちの白星発進をした。この試合に、今秋のドラフト候補に挙がる田中俊太内野手(日立製作所)は「1番・二塁」で先発。リードオフマンとして先制のホームを踏み、2安打4打点とチームを勢いづけた。

1994年以来24年ぶり優勝へ―― 侍ジャパン社会人代表が日本通運野球部と練習試合(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「初回に先制点を取れたのは大きかったと思う。それで一気に緊張が取れて、こういうゲームに繋がったと思います。点差が開いても、しっかり集中力を持って、攻撃にしろ、守備にしろ、できたと思うので良かったです」

 先発・谷川昌希(九州三菱自動車)が3者連続三振でゲームの流れを作り、迎えた最初の攻撃だった。1番・田中はフルカウントからボールを見極め、四球で歩いた。2番・福田周平(NTT東日本)も四球を選ぶと、3番・藤岡裕大(トヨタ自動車)の一二塁間を破るヒット。日本は満塁の絶好機を迎えた。

 ここで打席に立ったのは、4番・笹川晃平(東京ガス)。カウント1-1から打球を打ち上げたが、三走・田中は香港の二塁手の下がり方が悪かったため、「ちょっとやりそうだなと思った」という。その予想通り、二塁手は落球。田中は先制のホームを駆け抜けた。その後も日本の攻撃は終わらず。無死満塁で再び回ってきた第2打席は二ゴロだったが、二塁封殺の間に7点目が入った。

 2回には無死二、三塁で打席へ。「点差が開いていたが、積極的にいこうと思っていた」と、1ボールからの2球目を捉え、左中間を割る2点適時三塁打とした。その後もヒットに四球が絡み、1死一、二塁で入った4打席目には「逆方向を狙った中で、内(角)に入ってきたボールを、しっかり我慢して払えた」と、ライトオーバーの2点適時二塁打を放った。

「(3打席目に)逆方向に当たりが出たので良かったなと思います。調子がいい時は、自然と逆方向に打球が行くことが多い。緩いボールのピッチャーを引っ張りにいくと凡打になるので、逆方向をイメージして打ち返せるといいかなと思います。限られた練習時間でも、もっと良くなるように工夫してやっていきたいなと思っています」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」