野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最高勝率のホークス千賀、野手に感謝「タイトルが手元に急にきた」

ソフトバンクの千賀滉大が、13勝4敗の勝率.765で勝率第1位に輝き、念願のタイトルを獲得した。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

黒星消滅で最高勝率、「タイトルが手元に急にきた」

 ソフトバンクの千賀滉大が、13勝4敗の勝率.765で勝率第1位に輝き、念願のタイトルを獲得した。

 サファテの最多セーブ、岩嵜翔の最優秀中継ぎ、東浜巨の最多勝利同様、千賀の勝率第1位にも一時は“当確ランプ”が灯っていた。10月6日の本拠地最終戦での登板を回避すればタイトルを手中に収めることができたが、千賀の頭の中に“投げないという選択肢”はなかった。その前の登板で7失点していたこともあり「CSにいい形で入りたい」と、黒星でタイトルを手放すリスクを負って6日の先発を志願した。

 結果は6回3失点。6回を投げたことで規定投球回はクリアしたものの、降板までに味方の援護はなく“負け投手”として9回2死を迎えた。しかし、そこから上林誠知のタイムリーで追いつき、遠いたはずの初タイトルが千賀の手元に戻ってきた。

「自分ではないと思っていたタイトルが手元に急にきたので、うれしいという気持ちはもちろん、何か不思議な感じがした。野手の方に感謝です」

人気記事ランキング