野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹サファテ、前人未到50セーブ超え&3年連続タイトル奪取に男前すぎる言葉

今後、破られることのない大記録かもしれない。ソフトバンクのデニス・サファテ投手が、3年連続でパ・リーグの最多セーブ投手に決まった。10日にパ・リーグの全日程が終了。2年ぶりにリーグ優勝を果たしたソフトバンクの「キング・オブ・クローザー」は今季、シーズン最多セーブ記録を更新し、前人未到の50セーブの大台に到達。最終的には、その数を54セーブまで積み重ねていった。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

54セーブの大記録樹立、ホークスのリーグVを支えたサファテ

 今後、破られることのない大記録かもしれない。ソフトバンクのデニス・サファテ投手が、3年連続でパ・リーグの最多セーブ投手に決まった。10日にパ・リーグの全日程が終了。2年ぶりにリーグ優勝を果たしたソフトバンクの「キング・オブ・クローザー」は今季、シーズン最多セーブ記録を更新し、前人未到の50セーブの大台に到達。最終的には、その数を54セーブまで積み重ねていった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

「本当に嬉しいですし、チームがそれだけ勝っている証だと思う。先発投手、中継ぎ投手、野手のみんなの力がなければ、自分のセーブはつかない。これは個人のタイトルというよりも、チーム全員で勝ち取ったタイトルだと思っているよ」と、3年連続のタイトル獲得を男前過ぎるコメントで喜んだ右腕。確かに、ソフトバンクは今季福岡移転後の最多を更新する94勝を挙げた。サファテの54セーブは、チームの力の証明でもある。パ・リーグ最下位のロッテが54勝、セ・リーグ最下位のヤクルトが45勝というのを見れば、サファテの54セーブがどれだけ凄いかがよく分かる。

 とにかく、サファテが今季積み上げた成績はエグいの一言。66試合に投げて、2勝2敗54セーブ3ホールド。防御率は5年連続1点台となる1.09だ。66イニングを投げて、被安打34、四死球11で、1イニングで出した走者の数を示すWHIPは驚異の0.67。規定投球回到達者で唯一、1を切る西武・菊池ですら0.91で、この数字がいかに頭抜けているかお分かりいただけるだろう。

 奪三振数は驚異の102を数えた。サファテにとってシーズン100奪三振越えは2015年に続き2度目。102奪三振はパ・リーグ13位の成績で、各球団のローテ投手の中に、1人リリーフで名前が入る。奪三振率は13.91。楽天・則本の10.76、西武・菊池の10.41も素晴らしい数字だが、サファテだけが頭1つ、2つ抜けている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」