野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高校恩師の脳裏に焼き付く真摯な姿勢、「だから今のダルビッシュがある」

今夏、米大リーグのレンジャーズからドジャースへ移籍したダルビッシュ有投手は、若生監督の母校・東北で指導した中でも最高傑作の選手に違いない。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

若生監督が語るダルビッシュ、「いったいどこまですごくなるんだろうと」

 東北高校(宮城)と九州国際大付属高校(福岡)の野球部を率い、春夏合わせて11度の甲子園に出場し、2003年夏と11年春に準優勝。通算16勝を挙げた若生正広監督(67)が、26年ぶりに“初任地”である埼玉栄高校に復帰して3年目の秋季大会を戦い終えた。準々決勝で新興チームに敗れると、かつての教え子を引き合いに出して現チームとの違いを解説。技術論より闘争心と情熱についての言及が多かった。

「野球はアメリカで育ったスポーツだから、積極性のある攻撃的な人間のほうが向いているよね。ダルビッシュなんてその典型で、米倉とは正反対だったなあ」

 今夏、米大リーグのレンジャーズからドジャースへ移籍したダルビッシュ有投手は、若生監督の母校・東北で指導した中でも最高傑作の選手に違いない。一方、現在、埼玉栄2年のエース米倉貫太は最速146キロを誇る183センチの大型右腕。指揮官は1年生の時から「ダルビッシュ以来の好素材、受け持った投手の中でも潜在能力はピカイチ」として期待を寄せる。しかし大リーグで活躍する右腕との大きな違いが、闘争心だという。

「怒っているのを見たことがないし、人間としてはいい子。でも打者に向かっていく迫力が足りない。あれだけの球を持っているのだから、打てるものなら打ってみろ、という気持ちがあれば打たれやしません。そこへいくと、ダルビッシュは常に強気だった」

 今の埼玉栄はチーム全体がおとなしく、いい子が多いという。まじめで人間的に素晴らしく、悪いことをしないから生活面での心配は無用だそうだ。

「教えてきた中にはおとなしい選手だってたくさんいましたよ。三好にしても、めちゃくちゃおとなしかった。でも味方がエラーなんかしたら、そりゃもう顔色変えて打者に向かっていき、いきなり150キロ近い速球を投げ込んだもの。やっぱりピッチングに野球にプレーに魂をぶつけるものね」

人気記事ランキング