野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

山崎武司氏が分析「楽天が雄星を乗せてしまった」 楽天が巻き返すカギは?

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ初戦は西武が楽天に10-0で快勝した。先発の菊池が9回5安打9奪三振1四球無失点の完封。打線は炭谷が3安打2打点、中村は3ランを含む4打点と爆発した。一方、楽天はエース則本が4回7安打7失点とまさかの炎上。打線も沈黙し、初戦を完敗で落とした。 

2009年に楽天を初のCS出場に導いた山崎武司氏【写真:岩本健吾】
2009年に楽天を初のCS出場に導いた山崎武司氏【写真:岩本健吾】

西武が楽天に大勝、完封の雄星は「最高潮ではなかったけど、素晴らしいボールもあった」 

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ初戦は西武が楽天に10-0で快勝した。先発の菊池が9回5安打9奪三振1四球無失点の完封。打線は炭谷が3安打2打点、中村は3ランを含む4打点と爆発した。一方、楽天はエース則本が4回7安打7失点とまさかの炎上。打線も沈黙し、初戦を完敗で落とした。 

 中日、オリックス、楽天で通算403本塁打を放ち、2009年には楽天を初のCS出場に導いた野球解説者の山崎武司氏は、「楽天が雄星(菊池)を乗せてしまった」と、この試合を分析した。 

「雄星は立ち上がりは緊張感があったよね。楽天に(ペナントレースで)8連勝しているとはいえ、CSになれば関係ない。気持ちも変わる。立ち上がりは少し緊張していて、ボールが先行していたから、1、2回は硬いなと思って見ていた。 

 でも、ああいういいピッチャーは回を追うごとに尻上がりにいいピッチングになっていくもの。楽天が雄星を良くしてしまった。3回であの展開になってしまうと。中盤には余裕が出てきて、最高潮ではなかったけど、ところどころで素晴らしいボールもあった。楽天が雄星を乗せてしまったよね」 

 西武は初回に浅村の2ランで先制すると、3回には一挙5点を奪取。楽天は立ち上がりに「硬い」雄星を捉えられず、逆にエース則本が序盤で大量失点を喫した。点差が余裕を生み、雄星の快投を引き出す結果となった。では、試合が一方的にならないように、3回に崩れた則本を早めに代えるという選択肢は楽天ベンチになかったのか。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」