野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

紅白戦の思いがけない副産物、ソフトバンクが秘める左腕王国誕生の可能性

クライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージへ向けて調整を進めているソフトバンク。ペナントレース最終戦となった10月8日の楽天戦(Koboパーク)を終えると、2日間のオフを挟んで、11日から全体練習を再開させた。

ソフトバンク・古谷優人【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・古谷優人【写真:藤浦一都】

名左腕で鳴らした工藤監督も期待「楽しみだね」

 クライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージへ向けて調整を進めているソフトバンク。ペナントレース最終戦となった10月8日の楽天戦(Koboパーク)を終えると、2日間のオフを挟んで、11日から全体練習を再開させた。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 1週間の調整期間。実戦からも遠ざかるため、工藤公康監督は4試合の紅白戦を組み、選手たちに試合感覚を養わせる対策を取った。もちろん、この紅白戦は、CSに向けて投打の調整というだけではなく、CSメンバーの当落線上にいる選手たちのアピールとふるい落としの意味合いが強い。

 ところが、だ。この紅白戦には、それだけではない楽しみがあった。それが、ソフトバンクの未来を担う若手投手たちの存在だ。「若手の見本市」にもなった紅白戦。2試合目を終えた12日、工藤監督は帰り際に「楽しみだね。左腕王国になればいいよね」と呟いた。

 左腕王国――。それを期待してしまうほど、今のソフトバンクの若手には好素材が揃っている。11日の1試合目、まず登板機会を得たのは、ルーキーで育成選手の長谷川宙輝(ひろき)。4回からマウンドに上がると、5回に江川智晃にソロ本塁打を浴び、2回2安打1失点の内容だった。

 2016年の育成ドラフト2巡目でソフトバンクに加入したルーキー。背番号は134だ。東京の聖徳学園高出身で、プロ入り後に平均球速が約10キロアップするなど、1年足らずで急成長を遂げた。高校時代は144キロだった最速も149キロに。まだ19歳と、底知れない可能性を秘めている。

 長谷川以上にインパクトを残したのは、2試合目に投げたドラフト2位ルーキーの古谷優人。4回からマウンドに上がると、今季本塁打王と打点王の2冠に輝いたデスパイネを空振り三振に斬るなど、2イニングをパーフェクト。3つの三振を奪い、最速は147キロだった。北海道の江陵高時代に最速154キロをマーク。プロ入り後にも、153キロを記録しており、その秘めたる可能性の大きさは計り知れないものがある。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」