野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

山崎武司氏が分析 「岸様々」で五分に戻した楽天が「5.5対4.5」で有利に

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ第2戦は楽天が西武に4-1で勝利し、1勝1敗のタイとした。先発の岸がかつての本拠地で古巣相手に6回1/3を3安打8奪三振無四球で無失点と快投。エース則本が先発した初戦を0-10とまさかの大敗で落としたチームを救った。

2009年に楽天を初のCS出場に導いた山崎武司氏【写真:岩本健吾】
2009年に楽天を初のCS出場に導いた山崎武司氏【写真:岩本健吾】

第1戦で大敗の楽天を救う快投、岸は「俺が見た中で一番良かった」

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ第2戦は楽天が西武に4-1で勝利し、1勝1敗のタイとした。先発の岸がかつての本拠地で古巣相手に6回1/3を3安打8奪三振無四球で無失点と快投。エース則本が先発した初戦を0-10とまさかの大敗で落としたチームを救った。

 打線も初回に茂木の先頭打者弾、2回には枡田の適時打と嶋のスクイズと序盤に3点を奪取。終盤の7回に茂木の適時内野安打で1点を追加し、快勝した。

 中日、オリックス、楽天で通算403本塁打を放ち、2009年には楽天を初のCS出場に導いた野球解説者の山崎武司氏は、「岸も責任を感じてたであろう先発登板だったんだけど、俺が見た中で一番良かったんじゃないかな。真っ直ぐは抜群に走ってたし、カーブも良かった。要所でのコントロールも抜群だったから、3点のリードは十分すぎるくらいだった。岸で逃げ切れるパターンだったけどね。結局、継投にはなったけど、この試合は岸様々じゃないかな」と絶賛した。

 完封すら期待された岸は、7回1死から山川に中前打を許したところで降板。これが、この試合まだ3安打目だったが、梨田監督は積極的に動いた。山崎氏は、これが第3戦にもつながる継投になったと指摘する。

「一人一殺という感じで、高梨もいい仕事をした。いつもの勝ちパターンの出し方だよね。それを普段通りしたというだけのこと。岸に関してはまだ引っ張って投げさせられることもできたと思うけど、『いつもの勝ちパターンで』ということであの形になったんじゃないかな。元々、俺は順調に行けば8回まで岸は行くんじゃないかなという気はしていた。最後はやっぱり松井裕樹に投げさせるとは初めから思ってたけどね。でも、これで(第3戦に向けて)いい流れになったんじゃないかなと思うね」

 福山が8回に1点を失ったものの、9回は松井裕がピンチを招きながら無失点に抑えて快勝。勝ちパターンの救援陣もCSのマウンドを経験したことで、第3戦でも梨田監督は躊躇なく投入できるはずだ。

人気記事ランキング