野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、史上最大の下克上に一歩前進!? 2010年ロッテとの意外な共通点とは

楽天の勝利で幕を開けた2017年、パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ。ファーストステージでリーグ2位の西武を倒して勝ち上がってきた同3位の楽天が、その勢いをそのまま発揮した。

楽天・梨田昌孝【写真:荒川祐史】
楽天・梨田昌孝【写真:荒川祐史】

史上最大の下克上と言われたロッテの戦いを振り返ってみると…

 楽天の勝利で幕を開けた2017年、パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ。ファーストステージでリーグ2位の西武を倒して勝ち上がってきた同3位の楽天が、その勢いをそのまま発揮した。先頭の茂木が先頭打者本塁打を放ち、アマダー、ウィーラーの助っ人2人にもソロ本塁打が出た。先発の塩見が6回1失点と好投し、リリーフ陣も踏ん張って3-2で逃げ切った。

 リーグ王者のソフトバンクにとっては、痛い1敗だった。先発は今季16勝をあげて最多勝に輝いた東浜だったが、まさかの3発被弾で6回途中で降板。打線も塩見の前に、今宮、内川によるソロ2本だけに終わり、敗れた。

 ファーストステージでも散々取り上げられてきたが、2007年にスタートしたクライマックスシリーズで、パ・リーグではファースト、ファイナルステージいずれも、初戦に勝利したチームが必ずそのステージを突破してきていた。今季、初戦で敗れていた楽天が初めて突破を決め、この歴史に終止符を打ったのだった。

 これまで、ファイナルステージも、初戦に勝利したチームが日本シリーズ進出を決めてきた。ただ、この10年で9度は、その年のリーグ優勝チームが初戦に勝利。先手を奪って、そのままファイナル突破を決めてきた。唯一、ファーストステージを突破して、かつファイナルで初戦に勝利したのが、史上最大の下克上と言われた2010年のロッテだった。そして、その時のファイナルの相手はソフトバンクだった。

 2010年のパ・リーグのクライマックスシリーズを振り返ってみる。

 ファーストステージは2位の西武と、3位のロッテの顔合わせ。初戦、先手を奪われて一時は1-5と4点のリードを奪われたロッテだったが、9回に4点を奪って同点とすると、延長11回に福浦のソロで勝ち越し。劇的な形で先勝すると、第2戦も先にリードを奪われながら、じわじわと追い上げて9回に里崎のソロで同点に。またしても延長11回に勝ち越しに成功。激戦の末に、ファイナル進出を決めた。

人気記事ランキング