野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、史上最大の下克上に一歩前進!? 2010年ロッテとの意外な共通点とは

楽天の勝利で幕を開けた2017年、パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ。ファーストステージでリーグ2位の西武を倒して勝ち上がってきた同3位の楽天が、その勢いをそのまま発揮した。

2010年のロッテは首位と2.5差、今季の楽天は15.5差

 迎えたファイナル。場所はヤフードーム、現在のヤフオクドームだった。その初戦。2回に大松がソフトバンク先発の杉内から3ランを放って先行し、左腕・成瀬が9回4安打1失点の好投。リードを守りきって、下位チームが初戦に勝利した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 第2、3戦はリーグ優勝を果たしていたソフトバンクが意地を見せて連勝。アドバンテージを含めて3勝として、日本シリーズ進出へと王手をかけた。だが、ドラマはここから。第4戦を渡辺俊の好投などで4-2で勝利すると、第5戦もロッテが逆転勝利。3勝3敗として逆王手をかけ、第6戦では初戦に先発していた成瀬が再び好投。ソフトバンク打線を4安打無失点に封じて完封勝利。打線も10安打7得点を奪って勝利し、大逆転での日本シリーズ進出を決めた。

 そして、2017年のファイナルステージだ。ソフトバンクを破って初戦をモノにした楽天には、2010年のロッテを連想させるものがある。まず、西武ドーム(現メットライフドーム)で2位の西武を破ってのファイナル進出。そして、2010年のロッテしか成し遂げていない下位チームによるファイナル初戦勝利を果たした。

 しかも、その白星をもたらしたのは、成瀬と同じ「左腕」の塩見だった。茂木、アマダー、ウィーラーのソロ3発と、大松の3ランとの違いこそあれ、奪った3得点は全て本塁打によるもの。しかも、敗戦投手となったソフトバンクの先発の東浜と杉内は、それぞれ、シーズンで「16勝」をマークしていた。

 これらは偶然の一致ではあるが、楽天が、下克上に一歩前進したのは間違いない。2010年のロッテは、首位ソフトバンクと2.5ゲーム差の3位だったが、今年の楽天は15.5ゲーム差あった。これほどの差がついた3位球団が日本シリーズに進出しても、いかがなものかとは思うが、果たして2010年を超える最大の下克上は起きるのか。2戦目以降も目が離せない。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」