野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • 楽天の「下剋上」のカギを握る存在 「勝利の方程式」に加わった”謎の右腕”

楽天の「下剋上」のカギを握る存在 「勝利の方程式」に加わった”謎の右腕”

楽天は10月19日のCSファイナルステージ第2戦でソフトバンクを2-1の最少得点差で下して通算成績を2勝1敗(1敗はソフトバンクのアドバンテージ分)とした。ここへきて、レギュラーシーズンはほとんどマウンドに上がらなかった“謎の右腕”が「勝利の方程式」の一翼を担いつつある。

楽天・宋家豪【画像:(C)PLM】
楽天・宋家豪【画像:(C)PLM】

好投を続ける台湾人右腕・宋家豪、レギュラーシーズン登板はほとんどなしも…

 楽天は10月19日のCSファイナルステージ第2戦でソフトバンクを2-1の最少得点差で下して通算成績を2勝1敗(1敗はソフトバンクのアドバンテージ分)とした。ここへきて、レギュラーシーズンはほとんどマウンドに上がらなかった“謎の右腕”が「勝利の方程式」の一翼を担いつつある。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 宋家豪(ソン・チャーホウ)は、台湾、台東県の出身。小学校から野球をはじめ、台北近くの桃園にある国立体育大学に入学。この大学からはCPBL(中華職業棒球大聯盟=台湾プロ野球)に多くの人材を輩出しているが、同時に、姜建銘(元巨人)、陳偉殷(元中日、現マーリンズ)、黄志龍(元巨人)、林恩宇(元楽天)、陳冠宇(現ロッテ)などCPBLを経ずに直接NPBに入団する選手も出している。

 台湾ではアマ野球とプロ野球の実力が拮抗しており、アマの有望選手の中にはCPBLに行かず、NPBや米マイナーリーグを目指す選手も多い。宋家豪も2015年6月のCPBLのドラフトで統一に指名されたが、これを拒否して2015年10月に楽天と育成契約を結んだ。

 なお大学時代には台湾で開かれた「第1回21U野球ワールドカップ」に出場。日本ハムの近藤健介や広島の鈴木誠也など当時のNPBの若手選手主体の侍ジャパンと対戦している。また2015年、日本、台湾で開かれたプレミア12にも、代表選手として出場している。

 2016年は育成選手としてプレーし、イースタン・リーグで15試合に登板し62回2/3を投げ、6勝3敗、防御率2.44を記録。6勝はチームトップタイだった。2017年は33試合に登板し、54回2/3を投げ8勝2敗5セーブ、防御率4.28。防御率は落ちたがこの年もチームトップタイの勝ち星を挙げた。

 7月31日には育成選手から支配下選手に移行。8月11日に1軍に昇格し、オリックス戦に初登板した。このときは1回を投げて、3被安打1奪三振自責点2と結果を出せず、14日には2軍に降格したが、10月4日に再昇格。以後の成績は以下の通りだ。

10月4日 ロッテ戦 1回 0被安打1与四球1奪三振 自責点0 
10月7日 オリックス戦 1/3回 0被安打 自責点0 ホールド
10月8日 ソフトバンク戦 1回 0被安打 自責点0 ホールド
10月10日 ロッテ戦 1回1/3 0被安打 4奪三振 自責点0 ホールド

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」