野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

城所の活躍が生んだ決勝弾?! 殊勲のソフトB中村「つられて打てました」

20日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、8回裏にソフトバンクの中村晃が値千金の決勝2ランを放った。楽天に7-5で勝利し、2勝2敗のタイに。鮮やかな一発の影には、この日スタメン起用された城所龍磨の活躍があったという。

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

CSファイナル2連敗の責任を背負い、「切り替えられるものじゃない」も…

 20日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、8回裏にソフトバンクの中村晃が値千金の決勝2ランを放った。楽天に7-5で勝利し、2勝2敗のタイに。鮮やかな一発の影には、この日スタメン起用された城所龍磨の活躍があったという。その真意とは…。

 3回裏の内川聖一の3ランで逆転するも、5回表のアマダーの2ランで同点にされたソフトバンク。次第に延長戦突入かという雰囲気が強まる中、8回裏2死から中村晃が大仕事をやってのけた。楽天のセットアッパー・福山博之から、ライナーでライトスタンドに突き刺さる決勝2ランだ。

 初戦でチーム初安打を放ちながらも、その後は犠打の失敗や中途半端なスイングでの三振、好機での見逃し三振など“晃らしさ”がすっかり影を潜めていた。チームの連敗に「責任を感じるところはもちろんあった。切り替えなきゃいけないけど、なかなか切り替えられるものじゃない」という中村が、お立ち台で「ホッとしました」とつぶやいたのは素直な気持ちからだろう。

 決勝弾を放った後も、興奮しながらも険しい表情でベースを一周した。「2試合負けていたので、正直笑っている場合じゃないという気持ちがあった」という。

人気記事ランキング