野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、敗戦の中にも来季へ収穫 ドラ1ルーキー藤平が見せたポテンシャル

下克上を狙った楽天の挑戦は終わった。22日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦。初回に先発の美馬が3点を失って劣勢に立たされると、4回にも3失点。大きなビハインドを背負わさられると、1点も奪えないままに完敗。

楽天・藤平尚真【写真:荒川祐史】
楽天・藤平尚真【写真:荒川祐史】

2連勝から3連敗、ソフトバンクに競り負けた楽天

 下克上を狙った楽天の挑戦は終わった。22日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦。初回に先発の美馬が3点を失って劣勢に立たされると、4回にも3失点。大きなビハインドを背負わさられると、1点も奪えないままに完敗。「最後は何も出来ずに終わってしまった」という梨田昌孝監督の言葉通り、最後はソフトバンクに力づくで押し切られた印象だった。

 天国から地獄のファイナルステージだった。西武とのファーストステージで初戦に敗れながら、2、3戦目に連勝して乗り込んできた福岡の地。ファーストステージでの勢いのまま、初戦の塩見、2戦目の辛島と2人の左腕が好投して連勝し、最高のスタートを切った。下克上への現実味が膨らみ出して迎えた第3戦。一気に流れが変わった。

 先発の則本が7回まで11三振を奪う意地の投球を見せたが、序盤に5点を失ったことが誤算だった。5-5の同点で迎えた8回に福山が決勝の2ランを許して敗戦。アドバンデージを含め2勝2敗のタイに戻されると、第4戦も先発の岸がピリッとせず、5回2失点で降板。4回途中5失点でKOされた第5戦の美馬と、シーズン中にチームを支え続けて来た先発3本柱で立て続けに3連敗。今季の戦いは、夢半ばにして、終わりを迎えた。

 今季は8月まで首位に立ちながら、2度の大型連敗があるなど終盤戦に大失速。2位も確保出来ずに、3位に転落してしまった。CSも序盤に飛ばした楽天が終盤に失速。逆にソフトバンクは徐々にペースを上げ、最後は力の差を見せつける。6か月超に及んだペナントレースが、ファイナルステージの5試合に凝縮されたかのよう。梨田監督は「個々の力もそう。夏場にみんな(打率を)1分以上、2分近く下げたり、1年を通してコンスタントに出来なかったところが連敗に繋がった」と今シーズンを語った。

人気記事ランキング