野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島が交渉権、中村奨成の実力をG最強助っ人が高評価「個人的に気に入った」

プロ野球ドラフト会議が26日、都内で行われ、今夏の甲子園で大会史上最多記録となる6本塁打を放った中村奨成捕手(広陵)は2球団競合の末、広島が交渉権を獲得した。中日、広島の2球団が1位指名し、緒方孝市監督が抽選の末に交渉権を引き当てた。

ウォーレン・クロマティ氏【写真:編集部】
ウォーレン・クロマティ氏【写真:編集部】

クロマティ氏が広陵・中村のポテンシャルを高評価

 プロ野球ドラフト会議が26日、都内で行われ、今夏の甲子園で大会史上最多記録となる6本塁打を放った中村奨成捕手(広陵)は2球団競合の末、広島が交渉権を獲得した。中日、広島の2球団が1位指名し、緒方孝市監督が抽選の末に交渉権を引き当てた。

 そんな18歳の捕手が秘めるポテンシャルを高く評価する人物がいる。巨人史上最強の助っ人、ウォーレン・クロマティ氏だ。

「私は来日中に甲子園もテレビで観戦し、子供たちのプレーをしっかりと観察しました。その時、一番評価したいタレントがいました。キャッチャーのナカムラさんです。個人的にはすごく気に入りました」

 同氏はこう語る。

 今夏、宮城県石巻市で行われたリトルリーグ小学4・5年生の全国大会「MLBカップ」にゲストとして参加。16チーム、250人の野球選手に直接指導を行い、東日本大震災の被災地復興にも2年連続で貢献した。2か月間の日本滞在で日本のプロ野球以外に、高校野球もチェックしたという。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬