野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 田中将大、決断が迫る 米メディアが契約破棄を予想「しない理由があるか?」

田中将大、決断が迫る 米メディアが契約破棄を予想「しない理由があるか?」

今季終了後に契約を破棄してフリーエージェント(FA)となれる「オプトアウト」の権利を持つ田中将大投手の去就、メジャー挑戦が有力視される日本ハム・大谷翔平投手の獲得も含め、地元メディア「ノースジャージー・コム」が大胆予想を展開している。

ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】
ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】

今季終了後にFAとなれる権利、地元メディアは「タナカはオプトアウトする」

 ア・リーグ優勝決定シリーズでアストロズに3勝4敗で敗れたものの、開幕前の予想を大幅に覆す大健闘を見せた2017年シーズンのヤンキース。現在、開催されているワールドシリーズが終われば、多くの契約問題が注目を集めることになる。今季終了後に契約を破棄してフリーエージェント(FA)となれる「オプトアウト」の権利を持つ田中将大投手の去就、メジャー挑戦が有力視される日本ハム・大谷翔平投手の獲得も含め、地元メディア「ノースジャージー・コム」が大胆予想を展開している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 田中は今季、浮き沈みの激しい1年を送った。レギュラーシーズンでは好不調の波が大きく、辛辣なニューヨークメディアから絶賛を受けたと思えば、次の登板では酷評されるなど、評価は乱高下した。結局、30試合登板で13勝12敗に終わり、勝率.520、防御率4.74は自己ワースト。目標としていた200イニングにも届かず、投球回数は178回1/3にとどまった。

 しかし、ポストシーズン(PS)で評価を一変させた。負ければ敗退が決まる地区シリーズ第3戦でリーグ最高勝率のインディアンスを完璧に抑え込み、2連敗から3連勝という奇跡の逆転突破の立役者となると、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズでも1勝1敗ながら2試合連続で好投。特に、本拠地での第5戦では7回3安打無失点の快投で勝利投手となり、3試合で計20イニングを投げてわずか2失点と絶大な勝負強さを発揮した。大舞台になるほど力を発揮する右腕は、名門ヤンキースで最も重視される10月の戦いで真価を発揮し、ファンを熱狂させた。

 この活躍でニューヨークで“危惧”されているのが、田中の去就。2014年に7年総額1億5500万ドル(約176億円)の大型契約で加入した田中だが、今季終了時点で「オプトアウト」できる権利を盛り込んでいるからだ。契約を破棄してFAとなり、再契約せずにヤンキースを出ていってしまうのではないか。大車輪の活躍を見せたことで、そんな不安が高まっている。

「ノース・ジャージー・コム」は「ヤンキースのオフシーズンについて水晶玉を覗き込む」とのタイトルで特集記事を掲載。オフの注目点として、いくつかの項目を挙げているが、そのうちの1つで「タナカはオプトアウトする」と断言している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」