野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

敗戦ダルビッシュ「この経験を未来に」 感謝のメッセージにファンから反響

ワールドシリーズの戦いを終えたドジャースのダルビッシュ有投手が自身のツイッターで周囲に対して感謝の言葉を綴った。日本語と英語で発したメッセージには多数のファンの反響を呼んでいる。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

大一番のWS第7戦で敗戦投手、「この経験を未来に」

 ワールドシリーズの戦いを終えたドジャースのダルビッシュ有投手が自身のツイッターで周囲に対して感謝の言葉を綴った。日本語と英語で発したメッセージには多数のファンの反響を呼んでいる。

 今夏にレンジャーズからトレードでドジャースに加入した右腕はワールドシリーズ制覇の請負人として大きな期待を受けた。迎えたポストシーズンの戦いではダイヤモンドバックス、カブスとの2試合で計11回1/3で8安打2失点14奪三振と好投。自身2連勝で、チームの快進撃を支えた。しかしアストロズとのワールドシリーズに入ると一転、不調に。2試合の登板はともに2回途中KOとなり、計9失点、三振は1つも奪えなかった。特に3勝3敗で迎えた第7戦は大きな期待を背負ってのマウンドだっただけに、5点を失った上での降板はチームに大きなダメージを与えた。

 アストロズの優勝という結果に終わった試合後の会見ではダルビッシュ自身、「最後のワールドシリーズで足を引っ張ってしまった」と悔しさをにじませ、今後フリーエージェント(FA)となることを問われると「自分はドジャースでやり返したい」とも語った。

 右腕はその後、自身のツイッターでメッセージを発信。日本語で「2017年シーズンが終わりました。いい時も悪い時もあり最後は最悪な終わり方をしてしまいました。しっかり糧とし、また成長できるように頑張ります! 本当に応援ありがとうございました。ワールドシリーズでやり返します」と綴ると、英語でも以下のような文面を掲載した。

人気記事ランキング