野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB戦力外の大隣が胸中激白 「このままじゃまだ終われない」

ソフトバンクの大隣憲司投手が、11年間プレーしたホークスを去ることになった。日本シリーズ期間中に球団から来季の契約を結ばないことを通告されており、5日、正式に球団から発表された。

ソフトバンク・大隣憲司【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・大隣憲司【写真:福谷佑介】

球団からは日本S中に戦力外通達「そろそろあるのかなという気持ちはありました」

 ソフトバンクの大隣憲司投手が、11年間プレーしたホークスを去ることになった。日本シリーズ期間中に球団から来季の契約を結ばないことを通告されており、5日、正式に球団から発表された。

 2006年の大学・社会人ドラフト希望枠でソフトバンクに入団した大隣。2008年、2012年に2桁勝利をあげ、ソフトバンク先発陣の一角を担い、2013年にはWBC日本代表にも名を連ねた。だが、この年のシーズン中に国指定の難病「黄色靭帯骨化症」と診断された。

 2014年には難病を乗り越えて1軍復帰を果たし、422日ぶりの白星。クライマックスシリーズではファイナルステージの初戦、第6戦に先発して好投し、チームは日本シリーズに進出。日本シリーズでも勝利投手となり、チームの日本一に貢献した。

 だが、昨季から小さな故障などもあり、チャンスは大幅に減少。今季は、開幕1軍から漏れ、4月22日の楽天戦(ヤフオクD)で初先発したが、4回途中6失点でKOされた。その後は1軍昇格はなし。ファーム暮らしが続き、ポストシーズンでも、声がかかることはなかった。

 11年間、在籍したソフトバンクを去ることになった左腕。過日、その心中を激白した。
 
 球団から、来季の戦力構想から外れたことを通告されたのは、日本シリーズ第2戦が行われた29日だった。その時の心境を大隣は「薄々そういうのを考えないといけない年齢にはあったし、立ち位置ではあった。ただ、実際こうやって話をもらうと、ちょっとショックな部分もありました。若手も出てきているし、チャンスという部分でいうと厳しい部分もあったので、そろそろあるのかなという気持ちはありました」と語る。

人気記事ランキング