野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 注目は西武、日ハム、阪神!? FA行使手続きスタート、現時点での動向は?

注目は西武、日ハム、阪神!? FA行使手続きスタート、現時点での動向は?

プロ野球界は、これからオフシーズンへと突入していく。6日にはFA権有資格者(全85選手)が権利を行使するための手続き期間がスタートした。 FAを宣言する選手は6日から、土日祝日を除く7日間以内に球団に権利行使の意思を伝える。その期間は14日までとなっており、15日にコミッショナーがFA宣言選手を公示。翌16日から全球団との交渉が解禁される。

動向が注目される日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】
動向が注目される日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

6日から権利行使の手続きがスタート、西武は炭谷、野上に注目集まる

 パ・リーグ王者のソフトバンクと、セ・リーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち上がったDeNAが激突した日本シリーズは、熱戦に次ぐ熱戦が展開された。ソフトバンクの3連勝でスタートし、あっさりと勝負が決するかと思われたが、そこからDeNAが底力を発揮。第6戦までもつれ込み、延長11回の大接戦の末に、ソフトバンクが勝利。2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

 これにより、2017年シーズンは全日程が終了。プロ野球界は、これからオフシーズンへと突入していく。6日にはFA権有資格者(全85選手)が権利を行使するための手続き期間がスタートした。 

 規則では「FAの資格を取得した選手は、日本シリーズが終了した日の翌日から土、日、祭日を除く7日間以内に、FAの権利を行使するかどうかを表明する」と定められている。今季は土曜日の4日に日本シリーズが終了。翌日が日曜となったため、手続き期間は6日からのスタートになる。

 FAを宣言する選手は6日から、土日祝日を除く7日間以内に球団に権利行使の意思を伝える。その期間は14日までとなっており、15日にコミッショナーがFA宣言選手を公示。翌16日から全球団との交渉が解禁される。

 ここでは、FA権有資格者を12球団別におさらいしてみよう。

 FA有資格者(◯は今季新規取得者、●は反復取得。引退した選手、所属チームから戦力外、退団となった選手は除外してある)

【ソフトバンク】

・国内 攝津正、城所龍磨、明石健志◯、川島慶三◯

・海外 五十嵐亮太●、本多雄一、内川聖一●、吉村裕基、高谷裕亮◯、長谷川勇也◯、鶴岡慎也●

 複数年契約中の選手が多い。来季、攝津と長谷川勇は3年契約3年目、城所と本多、高谷はそれぞれ2年契約の2年目となる。今季が4年契約の最終年の内川など多くは残留するだろう。鶴岡は権利行使が有力に。また、行使の可能性があると言われているのは明石だが、残留の可能性が高いか。

【西武】

・国内 野上亮磨、牧田和久◯、秋山翔吾◯

・海外 炭谷銀仁朗、中村剛也

 秋山は来季3年契約の2年目となる。牧田は国内FA権を持つが、メジャー挑戦の意向があり、ポスティングシステムでのMLB挑戦の可能性が出ている。今季自己最多タイの11勝をマークした野上が行使を検討しているようで、正捕手の炭谷、中村は複数年契約が今季で切れる。

人気記事ランキング